パリ滞在時に訪れた店、Le Caveau de la Huchette (ル・カヴォー・ドゥ・ラ:ユシット)を紹介します。
この店はホームページに映画La La Landのロケ地として紹介してあるように、主人公ミヤの幻想シーンにほんの少し出てきますね。

店の前の通りがお洒落!
イメージ 1

月曜の夜11時頃ですけど凄い賑わいです。
ブラジルもそうでしたがここでも夜遊びする人がとても多いようです。
地元の学生と観光客のようでしたが、、。

ジャズが聴ける店という口コミもありましたが、基本は生演奏のダンスホールみたいな感じでした。
21時の開店と同時に13ユーロの入店料を払って入りましたが、客はほぼゼロ。
フランス人のミュージシャンがリハーサルをやっていました。
21時半からライブ開始です。
イメージ 2

渋めのブルース。
かっこいい男性と一緒に来ていた背中が大きくの開いた黒いドレスの若い女性がバッグから小さなスケッチブックを出してスケッチし始めました。写真には写っていませんが。
音楽を楽しみながらサラサラと軽い感じで5分くらい。
これぞスケッチ!!
私もこんなスタイルで天体のスケッチを続けていきたいと思いました。

メンバー同士の会話はフランス語でしたが、観客に向かっては英語でした。観光客が多いのかな?

3曲ほど演奏したところでヴォーカルが"Come on"というと少しずつ観客がホールに降りて行き、ペアを組んで踊り始めました。
イメージ 3

踊っている人の大半は40歳代でしょうか。20代の人も少しいます、若い人が踊ると盛り上がっていました。
みんな踊りにキレはありませんがとても激しい。
時折ペアを変えて楽しそうでした。

韓国人や日本人女性グループが来ていましたが、シャイな彼女らは観ながら歓声を上げるだけでした。私も観てるだけ、、。

23時近くなったので私は店を出ましたが、ホールはまだ序盤って感じでした。人も増える一方。

イメージ 4

まだまだ観光客でにぎわうノートルダム大聖堂の横を通って地下鉄に乗ってホテルに戻りました。