写真はシアトル郊外のRonさん宅の庭です。
めちゃめちゃ広いですよね。
イメージ 1
中央の望遠鏡は60cmです。

米国では安全性確保の為、私有地でスターパーティを行うことが多いです。
柵などが無い公共の場所の場合は許可を取ることはもちろんですが、警察にも連絡し、定期的な巡回をお願いしています。

日本で他人の望遠鏡を覗かせてもらう時は気を遣って1分程度の短時間で交替してしまいますが、米国では後の人のことを気にせず長い時は15分以上も覗いちゃいます
(長い列があっても)。天体の把握には時間を要することを誰もが知っているからです。

また、どんなスターパーティもホストが明確で、その人が常に気を遣っており、その人の振る舞いがそのパーティの雰囲気に大きな影響を及ぼします。

このRomさん宅ではは夜食のクッキーやコーヒーが望遠鏡から離れた暗闇にさりげなく置かれ、星の観察に集中できる環境を作っておられました。