今日は星が雲に覆われる時間が長かったのですが、45cmで月と木星、土星を少しだけ眺めることができました。
イメージ 1

気流はまずまずで私が大好きなHesiodus Aの2重構造もくっきり。ただ、常に厚めの雲がかかるので透明度が悪く、細かい地形を把握することができませんでした。

木星は大赤斑が良く見える位置にいて大赤斑の西と東とでSEBの構造が全く異なるところやSSTBの白斑や複雑なベルトを楽しむことができました。

土星は周りの小さな衛星を観察するのが楽しみなのですが、雲のせいで3つくらいしか見えません。でも本体の模様が面白かったです。

やっぱり夏場の気流の良い時に45cmを使うと楽しいですね。