DSC_2126

20cmF5の重箱ドブは光軸がいま一つでしたので、フォーカサ取付方法を若干改修し、ついでに部品を2つ省略しました。

下の写真の右側の棒2つが今回省略した部品。フォーカサ取付部のバックアップ材です。
升で製作したフォーカサは剛性が高いのでバックアップ無しでも問題あありません。
まあ、重量軽減量は数十グラムですけどね。
DSC_2129

このフォーカサは升の底部の4か所にナットを埋め込んでいます(矢印参照)が、それの埋め込み量を変えて出っ張らせることにより、フォーカサの取付角度を変更することができます。