2013年11月

もう駄目ですね。NASAの見解を待つまでもなく、諦めるしかなさそうです。 さようならアイソン!! ...

昨日のNASAの発表と異なる見解がNASAから出てきました。 標題のとおり、Come ISON may have survived!というのです。 そりゃあ写真をみればそんな感じがしますよね。 写真は11/29 12:30UTのものですが、核は無くなったという発表から一転して小さな核は生き残っていると ...

今日はThanksgiving Holiday(休日)でしたので、ネットでNASAの科学者によるアイソン彗星に関する状況説明(ライブ映像)を見ていました。 それは太陽観測衛星SDOに写るはずである彗星画像はなかったという悲しいお知らせでした。 またSOHO画像によると、小さな欠片以外 ...

土曜日は晴れという予報が出ていたので、朝4時に起きてアパート周辺を歩いてロケハンし、アイソン彗星を探すことにしました。 まずはラブジョイ彗星の観察。12x36mm防振双眼しか持っていないため、詳細観察は無理でしたが、りょうけん座β星とほぼ同じ明るさ(約4等)にまで ...

最近、100cmドブ所有のChrisと一緒に会議に出る回数が増えているのですが、それぞれの会議の冒頭で、Chrisが私とのオレゴンスターパーティでの出会いについて語るので、私も星好きの日本人として社内で有名になってきました。 さて、今回は双望会のレポートはちょっとお休み ...

昨夜、日本食材が手に入るスーパーマーケットのレジにいた白人の大柄の女性が"Mackerel in Soy Sauce"最高だね!って言ってきました。(さばのしょうゆ煮の缶詰のことです。)それから、私が購入したあんぱんをみて、私はHokkaido Cremeが一番好き!!、焼きそばもLovelyだわ ...

先日の双望会でARP331(NGC383グループ)を観察したことを報告しましたが、丁度その週のDeep Sky Forum OOTW(Object of the Week)にNGC383グループが選ばれていました。 Deep Sky Forumとは、HicksonやAbell、ARP天体に関する本の著者で120cm望遠鏡のオーナーでもあるAlvi ...

アイソン彗星は急増光して肉眼彗星になったようですね。太陽のコロナの中を通り過ぎても生き残ってくれると良いのですが、、。もっとも私が住むシアトルは雨季に入っているので、拝むことは難しそうですが、、。 さて、下の写真は2日目の昼頃撮影した双望会のシンボル"Big B ...

[星空観察3] これまで紹介したとおり、空の状態はいまひとつでしたが、それでも色々チャレンジしました。 まずは毎年自分の中で恒例となっているニックネームが面白い天体シリーズ。 チーズバーガー(NGC7026)はライカズームで265倍まで上げると一口サイズのバーガーになり ...

[星空観察2] さて、今回は太陽系内の天体のお話です。 昨年はfmasaさんに素晴らしい絵画のような月を見せて頂いたのですが、今年は観ることができないため、木星に注目しておりました。 鉄塔の上に木星が現れた時に我がドブで眺めてびっくり!!シーイング抜群なのです。 ...

[星空観察1] 双望会に持ち込まれた機材に関するレポートは私以外の方々の方が充実しておりますので、これから暫くは夜の様子を綴りたいと思います。 初日は日没後もスカッと晴れてくれず、天の川もなかなか確認できませんでした。 ですから早々と風呂や宴会に突入した ...

[気になった機材~Sekigawaさんの40cm反射経緯台] 開催前に発表されていた参加者リストに、Sekigawaさんの機材は40cm反射経緯台と書かれており、それは以前と同じでしたのでノーマークでした。 しかし機材紹介を聞いてびっくり!! なんとナスミス式に大変身しているでは ...

[66cmドブソニアン] 今回の目玉の一つに66cmドブソニアンがあります。 60cmオーバーなんて天文台にしかないと思われる方も多いと思いますが、やおきさんはこれを軽乗用車に積んできたのです。 最近の軽は広くなったとはいえ、ほんとに凄いです。 ミラーバックスは一人 ...

これから数回に渡って双望会のレポートを記載します。     [現地まで] 岐阜にある自宅から双望会会場まで155km。これまでは一般道を使っていたのですが、新東名関連を使うと早く着けるという話を聞いていたので、少しお金がかかりますが高速道路を選択。 その ...

↑このページのトップヘ