2014年05月

本日、会議の後でChrisが「テキサスはどうだったか?」って聞いてきました。「行くのを止めた」と答えると、「それは残念だな、でもオレゴンには俺も行くから一緒に行こう」とのこと。 OSPの調査を始めなくては。 それから先ほどRonからメールが来て、自分の不在中でも庭を ...

色々検討しましたが、結局TSPには来年行くことにしました。 代わりにEAS Star Party @Ron Tam House (EASはEverett Astronomical Societyの略で私がこちらで以前に入っていた天文クラブ)に行こうと思っていたのですが、Ronからメールが先ほど来て「今は旅行に行っていて週 ...

テキサス・スター・パーティは始まってしまいましたが、まだ参加するかどうか悩んでいます。(今週末まであるので、、。) ですから引き続きイベントの紹介をしながら参加の検討をしようと思います。   さて次は他のパーティでもおなじみAmateur Telescope Making Progra ...

前回お話したように、流れ星観察がメインでしたが、念のためにShakilのドブを積んでもらっていたので、それを使ってメジャーな天体を眺めました。   まずは西に傾いたかみのけ座の銀河から、、。 (ここは緯度が高く今の時期は暗くなるのが22時を過ぎる為、春の星座は ...

きりん座流星群が見られる!!しかもアメリカ西海岸は23時ごろからピークに入るという好条件でしたので、Windspeed Astronomical ClubのメンバーであるShakil, Martin, Sooと出かけました。 シアトルの天気予報はくもり。 でも東の方に2時間くらい走れば晴れそうな感じで、 ...

予め主催者がセレクトした天体を一定の数以上観察できたらピンバッジが貰えるというプログラムが本パーティにもあります。(これまで私はオレゴンとテーブルマウンテンで2個ずつもらいました。) (写真はテーブルマウンテン・スター・パーティの時に撮ったものです。) ...

テキサス・スター・パーティの参加者の年齢が発表されました。   何と1/3が65歳以上!! 25%が40-55で45%が56-64。 40歳未満は僅か6%だそうです。 ちょっと計算が合わないけど高齢化が進んでいますねえ。 私は25%のところで、まだまだ若手です(笑) 写真はオレゴ ...

今回は1mドブ所有者のChrisの話を少し、、。     彼は今月に入ってから10日ほど休暇を取得し、ニューメキシコ州まで星を見る遠征に出かけました。 総走行距離はなんと6400kmです。 1mドブをトラックに積んで、一人で旅したそうです。 以下に大雑把な彼の走行ル ...

米国で最も有名なスターパーティのひとつである、Texas Star Party(略してTSP)が今年も5月の最終週に開催されます。 以前より1mドブ所有のクリスから一緒に車で行こうと言われていましたが、彼は先日他のイヴェントに出かけたようですので、おそらく彼は行かない筈。 ...

またまたS&T誌の6月号から、、。 てんびん座にある7.2等級の恒星HD140283は現在最も古い天体とされているそうです。 7.2等だったら双眼鏡でも観察可能ですよね。 下に位置を示す写真を載せたので、参考にしてください。この写真は先日のShakilのところで開催されたStar Wa ...

球状星団は年老いており、その内部に多くの変光星を含んでいると言われています。 S&T誌の6月号にはM5の中の2つのケフェウス型変光星(V42とV84)を眼視で観察した記録が載っていました。   著者はオレゴンスターパーティの常連であるHoward Banich氏。以前に私のHPで、 ...

火星や木星の季節が終わりそうだったので、平日にもかかわらず、Windspeed Astronomy Clubの会合を会長のShakilの家で行いました。 Windspeedというのは私どもが雇っているシアトルの人材派遣会社名です。その会社を中心に作っているクラブがWindspeed Astronomy Clubで私 ...

↑このページのトップヘ