2015年03月

昨日の写真です。 青っぽいジャケットを着た子はお洒落なのですが、そんなに寒いかな?? 奥の方の男の子は半袖、短パンだし、私もシャツ一枚で外を歩けました。 きっと、お気に入りの服装なのでしょう。 こんな写真も撮りました。 何れもNikon1で撮ったので ...

写真はいつもキックボードで移動する8歳くらいの女の子です。 気持ち良さそう、、。 汚い網戸越しの写真ですみません。網戸は先日取り外しました。でも窓の汚れがきれいにならないので、シャープな写真は望めませんね。 こちらはキックボードやスケートボードで通勤 ...

先日ビーチサンダルのことを掲載しましたが、裸足で外を歩く人も時折見かけます。 上は中学生くらいの女の子。足がめちゃめちゃ長くてかっこいい!! 私は日本にいる時は小学生のバスケットのコーチをしていますので、こんな感じの5~6年生を時折見かけましたが、ここ ...

昨日は散々遊んだあと家路を急ぐ姉、弟をGet。 これはD3sで撮りました。私は結構気に入っています。 お姉ちゃんはまだ小学校高学年なので背負い方が不自然で危なっかしい、、。 心配しながら見ていると案の定、弟が落ちそうになりました。 それを食い止めると ...

ニコン1でようやく望遠らしい作品を作ることができました。 男の子が友達を驚かそうと、息を潜めて待っています。 110mm(フルサイズ297mm)F5.6開放、1/320秒、ISO800。 手前の木が鬱陶しいのですが、そこは窓からの風景ですので、仕方がありません。 この後どう ...

来週の月食に備えるために、70-200mmズームレンズをNikon1に付けて月を撮影する練習をしようとしていたら、たまたま近くに6等星の恒星があることに気が付きました。どれくらい露光すればよいのか判らなかったので、適当に2~3枚写したうちの一枚が下の写真。 JPEGですの ...

ようやくNikon1でそこそこ物語になる写真を得ることができました。 下の写真は30-110mmズームの最望遠側(フルサイズ297mm相当)で撮ったものです。絞り5.6開放、露出1/160秒、ISOは1600です。 妹は兄からもらった桜の花束を手にして芝生の水たまりで遊んでいます。 兄も後 ...

久々による晴れたので、少しずつ減光しているラブジョイ彗星を自宅から狙いました。 月明かりと外灯の影響を受けておりますが、まだ写真では尾がかろうじて確認できますね。左側にM103やNGC663も写っています。 自宅ではもうじき木に隠されて撮影ができなくなります ...

久々の天文ネタです。 今日、紹介するのはきりん座のアステリズムであるKemble's Cascadeです。日本では"ケンブルさんの滝"と訳されることが多いですね。 私は滝と訳すのに違和感があったので、英語の辞書で調べてみました。 Cascadeというのは確かに一般的なWater ...

毎度日中の写真ばかりですみません。 今回はNikon1の昼間の撮影に対するポテンシャルについて書きます。 上の写真は70-200mmF2.8ズームを取り付けフルサイズ540mm相当、絞りF4で撮ったものです。(初めての男優登場!) 前景に枝がたくさんある為まるで霧の中にいるよう ...

私の部屋から結構離れたところにいる人たちを200mmで撮って拡大しました。 おなかが出ている男性と写っているスタイルの良い女性は何歳だと思いますか? 何と8歳だそうです。小学校2年生。髪型や立ち方からは想像できませんね。 因みに男性は11歳の男の子。もうすっ ...

先日掲載した"逆光の"少女が池に向かって走って行った後、再び友人と一緒に自転車を持って現れたので、その瞬間をGet! D3s 200mm F3.2 1/1000秒です。 慌てて撮ったので、ピントがちょっと甘い。   彼女の後方には直径1.5mはありそうな大きな木の土台部があります。 ...

こちらでは底の薄いビーチサンダルを普段から履いている人が結構います。 飛行機に乗る時もビーサンの人をよく見ますし、寒い日にブーツを履いている人の隣の人が裸足にビーサンだったり、、。 よくわかりません。 今朝も気温が10℃そこそこなのにビーサンの女の子が ...

本日はEAS Star Partyの日でしたが、晴れたり曇ったりだったので参加を断念。その代り自宅で晴れ間からラブジョイ彗星を撮影しました。 200mmF4.5 ISO6400で30秒露出。今日は透明度が良かったので、もう少し露出をかけても大丈夫でした。 空が良いと撮影が楽で、ライブ ...

ここでは西日があまり強くないことに加えて、西日が直接窓から入らないよう木を植えているアパートが多いので、西向きのリビングがある部屋の人気が結構あります(夕方明るい為)。 私の部屋もそうなので、夕方に写真屋さんの大好きな"逆光"というシチュエーションが訪れま ...

↑このページのトップヘ