2015年05月

昨夜、久々に気ままな人たちと星の観察をしました。 出かけたのは岐阜県M森。4~5年ぶりです。自宅から45分と近く、綺麗なトイレがあってとても静かという素晴らしい場所です。空はそこそこです。 いつものように浪人生の長男が車まで重い機材を運んでくれました。あり ...

下の写真は初日の雲が切れ始めた時刻に撮った写真です。 24㎜で90秒露出したものをトリミングしました。 写真右にひときわ明るく写っているものがω星団です。薄雲が若干あるのですがよく写っています。またNGC5128銀河もわかりますよね。 双眼鏡で観るとどちらも大迫 ...

TSP参加後は休暇を取得して一時帰国しております。 一昨日は東京で少しだけ仕事した後、銀座ではじけ、昨日、今日はバスケ三昧、、。 充実した日々を送っています。 今夜は45cmドブで自宅から土星の観察をしました。 全周カッシーニがくっきりし、C環もよく判り ...

今回は3番目のお気に入りの写真をのっけます。 私が到着した日のオブザービング・チャレンジの休憩中に観察広場の上の土手から写したもの。 夜露の影響で赤や青のライトの光が滲んでいます。 手前の白いカバーがかかっていたのは今回の最大口径である38inch (98cm) ...

TSPはこれまで日本で経験したことがないほど凄い星空でした。 上の写真は24mm F2.5で露出90秒、ISOは6400。今回の私のベストショットです。 1日目と同様、稲光が絶えなかったので、地平線付近が明るく、それが残念です。 空がどれくらい凄かったかというと、、。 ...

TSPはOSPやTable Mountainと異なりしっかりとした宿泊施設があります。 上の写真は宿泊施設のOffice(事務所)。 Wifiが無料で使えますので、PC使いながらゆっくり過ごすことができます。 因みにWifiは星を観察するFieldでも使用可能です。電話は通じ難いけどLineなら大丈 ...

星の写真がないと寂しいので、今回撮った中で3番目に気に入っているものを載せます。 初日の深夜12時49分。24mm F2.5に絞って90秒のガイド撮影。トーンカーブ調整を少ししただけで多重露出はしてません。 薄明が終わる頃に激しい雷雨があってその後も稲光が絶えな ...

今回は現地までの移動中に目にしたものを紹介していきます。 まずはヒューストンから1時間半のミッドランド空港着陸寸前。 白っぽい小さな四角は油田を掘っている場所です。線は油田開発場所への道路です。 各四角には地下の油を貯蔵タンクに送るDonkey Pumperと ...

私のプレゼンを見に来てくれた人たちの多くは常連又はスタッフ(かなり本気度の高いマニア)だったようです。 さて、TSPのサマリーを兼ねてTSPとオレゴン・スター・パーティ(OSP)と双望会を比較してみようと思います。あくまで私の主観によるものですので、あまり本気にし ...

テキサス・スター・パーティから戻ってまいりました。 僅か2日間の参加でしたが、結構印象的な出来事がありましたので追ってご紹介します。 まずは多くの方が気にされているプレゼン(双望会と日本の望遠鏡の紹介)の結果から。 写真は私たちの前に行った ...

シアトルは問題ないのですが、他の地域の大規模な天候不良の為、乗り継ぎ空港のヒューストンで2つのフライトを逃し、3つ目を待っています。多分現地への到着は16時頃になりそう。 こればかりは仕方がないですね。 現在は曇ですがこれから回復する見込みです。 空港 ...

いよいよ明日の夜にTSPに向かって出発です。 そのため今日、シャキールとプレゼンのFinal Reviewをしました。 上の写真は双望会の象徴といえる2つの25cm双眼望遠鏡。これらはしっかり説明しなければなりませんね。 資料作成の初期は各スライドの要点がまとまらず、 ...

来月から女子サッカーワールドカップがカナダで開催されます。 うちの近く(車で2時間)のバンクーバーでも試合があり、決勝もそこで開催されるということでしたので、組み合わせ抽選前の昨年秋にチケットを申し込んでおきましたが、ようやく到着しました。 私は決勝の ...

良い表情の犬の写真が撮れたので、もう一枚上げておきます。 ちょっと首切り構図になっちゃったけど、、。 この写真、秒間20コマの連写で撮った中の一コマです。これとは別の十数コマはキャッチライトがありませんでした。 連写の成果です。 ...

今日もNikon1に70-200mmF2.8を付けて遊びました。 F2.8開放、オートで撮り、トリミングだけで何も処理していないのですが、結構いい描写ですよね。(いつもながらの自画自賛) 次はもう少しハンサムな子を撮ってみました。 眉間のしわが神経質そうです。 一応 ...

↑このページのトップヘ