2015年08月

下の写真はISO3200、絞り2.2で2分間追尾したものです。 露出オーバーで飛んでしまっていたのをトーンカーブで夜らしく調整。 地平線近くは山火事の影響が出ているようです。 さて、前回に引き続きObserving Challenge Level2のお話しです。 リストには二重星、カ ...

写真はObserving Challengeに取り組まれているCivetさんを写したものです。(盗撮です(笑)) 25秒の露出ですが、その間全く動かず集中されているところは流石ですね。 赤い光が当たっていますが、その光はCivetさんのお嬢さんが彼のスケッチのサポートをしていると ...

今回はObserving Challenge Level2(中級)とLevel4(写真撮影)に挑戦しました。 写真は夕方の水星からISSや流星、明け方の火星や月を捉えなければならず、かなり厳しいものでしたが、ノルマである10個中8個の写真撮影をLevel2の14枚のスケッチとともに2日目の夜半前に完了 ...

今回、究極のトラス望遠鏡を見ることができ、感動に震えました。 上の写真はTelescope Walkaboutでのひとこま。 製作者の名前を聞き洩らしたのですが、ベテランの自作好きの人のようです。 トップリングから途中の水平部材(小さな径の鉄パイプ)まで伸びている8本 ...

既報の通り、今回は流星をたくさん目撃。特に12日の夜は、ペルセ群の輻射点が低い夜半前からたくさん流れました。 Observing Challengeのスケッチをする為、望遠鏡に噛り付いている私でもふと顔を上げた時にいくつも目撃。平均して1時間に10個以上見かけたでしょうか。Civet ...

今年のOSPの様子を最も表現している写真がこれ↓ Nikon D3s 24mmF1.8で30秒の固定撮影。ISOは6400。 写真右下の虫眼鏡をクリックして拡大してみてください。 Dave PowellのA Stroll through the Night Skies(夜空を散策しましょ!)というプログラム中のものです。 ...

本日、OSP(Oregon Star Party)から帰ってきました。 Chrisの望遠鏡の進化、ストリングドブ理論の発表、Civetさんのプレゼンには脱帽。 超活発なペルセ群観察、私のObserving Challengeも大成功し、これまでで最高のOSPとなりました。 下の写真は大きな円陣を組んでみんな ...

OSPに合わせて来られたCivetさんご一行(2名だけど)と昨日、今日と遊びまくりました(超過密スケジュール)。 写真は本日の昼食。 カニや貝類、ジャガイモ、トウモロコシとかをバケツからテーブルの上にぶちまけ、それを手で食べるスタイル。 スパイスが程よくきいていて ...

もう少しせせらぎが綺麗だったら観光地のPRにも使えそうな感じの写真に仕上がりました。 この子はハッとするような女性らしい仕草をします。 本日、日本からゲストが到着しましたが、シアトルは涼しい!と何度もおっしゃっていました。 今日は特別蒸し暑いので ...

いよいよ今週はオレゴン・スター・パーティ。 全てのパッキングは終了し、あとは車に乗せるだけ。 明日は日本から一緒に参加する方を拾ってシアトル観光。博物館やボーイング製造現場ツアー、野球を見たりして水曜の朝に出発です。 天気は晴れで水曜と木曜は時々曇 ...

テキサス・スター・パーティのことで一つ書き忘れがあったので、今更ながら書き込みます。 会場から車で15分くらいのところにマクドナルド天文台という口径9.7mの反射望遠鏡をはじめとする大きな望遠鏡を多数備えた天文台がありました。 そこへのツアーバスが毎日運行 ...

カップルでまったり話をしているところを邪魔しようとして、男の子が水を汲んでいました。 でも、2人に気づかれて実行できず、、。 写真が溜まっているのでもう一枚。 いつもたくさんの荷物を抱えている少女が走っていたところをNikon1 918mm相当手持ちでパチリ。こ ...

強拡大の為、粒子の荒れが目立ちますが、、。 ビビりながら犬にお菓子を食べさせようとする少女とそれを警戒してやや腰が引けている犬との距離感が面白い。 アパート内には様々な犬がいて、それぞれの性格の違いが興味深いです。 ところでなでしこはようやく勝利し ...

いつものモデルが家からアイスクリームを持ち出し食べていました。 ここは湿度が低い為日陰は肌寒いです。ですから木漏れ日の中が一番気持ちいい。 ...

休日の午前中に撮った写真。 カモたちは主に2つのグループに分かれて行動しています。一つは下の写真のように一心不乱に頭を水中に入れて魚を取るチーム。5秒くらい水中、その後2秒くらい顔を上げ、また顔をつける、、。これを何十回も繰り返していました。餌を取るのも大変 ...

↑このページのトップヘ