2017年01月

以前に日本の星屋が使うライトの多くが明る過ぎるという記事を載せました。 明るい天体をざっくり眺めるだけなら少々明るくても問題ありませんが、暗い天体のスケッチや星図を見ながらの導入には注意が必要となります。 最近、米国人のスケッチの達人(H氏)とこれに関して ...

先日の撮影と同時にGetしたもの 葉っぱが水晶の玉を優しく持ち上げているように見えませんか? ただそれだけですけど、、。 もう一枚 水玉ばかりですみません。 ...

今日は昼間に録画しておいたNFC Wild Card Roundの試合(米国のプロアメフト)を観ながら望遠鏡の整備(特にEQ PLatform)を行いました。 そして夕方の金星の観察、、。 右が金星。左はみずがめ座78番星(6.2等級)です。2つの天体の見かけの距離は10分くらい。200倍で ...

昨日に続き、本日も降雪がありましたが、南にある名古屋に比べてうちの方が積雪が少ないようです。というか道路に雪は一切ありません。 そんな写真を載せても面白くないので庭の花の写真を、、。 水晶のような水滴と玉ボケもあって的が絞れていませんが、、。 ...

久々にCosmic Challengeの情報を載せます。 今回は肉眼チャレンジの最後・・・バーナードループです。 著者(Philip S. Harrington)はこう言っています。 「one of the greatest naked-sye challenges goading amature astronomers around the world is trying to spot . ...

今朝は雪が少し積もっていましたので色々工夫して写真を撮ってみましたが、満足できるものは皆無。 でも綺麗な水玉の写真をGetしたので掲載します。 下の方にも丸い玉があるので拡大してご覧下さい。 ソフトフィルター使用のため、ざらついていますが、、。 ...

今日は満月 満月の写真を普通に撮るのでは面白くないので、満月の光を浴びている花を撮ってみました(というのはウソで、先日の雨上がりに撮ったものを夜っぽく仕上げたのでした) 綺麗な写真じゃないけど雰囲気だけは出ていると自己満足 ...

先日のヒヤデス星団の星食の時にEQ Platformが動かなくなったので、状況を確認する為に部屋の中でドブから外しました(ドブをばらして)。 ドブを再組立したら月が綺麗だったのでバルコニーに出してしばし月の観察。 今晩は自働追尾ではないので高倍率時に落ち着いて観れ ...

透明度が良さそうな空だったので、Herschel 400天体を幾つか観察した後、月に目を向けると丁度ヒヤデスのところにありました。 そういえば食が起こるって話だったっけ?! と思いながらもクレーターを一通り観察しました。するとまもなく月に隠されてしまいそうな星が2つ、 ...

今朝は昨夜の雨が上がり素晴らしい天気。 ニコン1を持ち出し10分ほど撮影を行いました。 まずはクロス・スクリーン・フィルターを用いた一枚。 玉ボケは美しくないけどいい場所で光条が出てくれました。 次は花に囲まれたところの水玉の写真 光が足りなくて画質が ...

前回の続きです。 ターゲットを散開星団から銀河に切り替えてまず観たのがNGC3115スピンドル・ギャラクシー。 230倍で迫力満点でした。 次はアイピースをそのままにしてNGC3242木星状星雲。 でもシーイングが悪すぎて中心星はわからず。 次に左の方に目を向けると北斗 ...

一昨日(1/6)は会社から帰宅後、望遠鏡をバルコニーに出してから家族で外食、、。 それから楽しみにしていた月面のプラトーの観察から始めました。 1/4に冬にしては素晴らしいシーイングを経験していたので、当夜も期待しライカズームにアッベバローの460倍で臨みますがよ ...

最近、ギリギリ見えるか見えないかの天体ばかり観ていましたがそれだと大変疲れます。 で、本棚を漠然と眺めていると面白いものに目が留まりました。 "Herschel 400 Observing Guide"です。 この天体シリーズはほぼ全部観ていますが、一度しか観ていないものもあります。 ...

昨夜は火星と月の写真撮影の後、月をじっくり眺めました。 (倍率を400倍まで上げて椅子に座って長時間) 月はどこを見ても面白いのですが、当夜は今まで見たことがない面白い地形が見られました。 下の写真の矢印がそれです。 子供の落書きみたいであり、変な虫みた ...

海王星と火星、月と金星に続き、昨日は火星と月が同方向に見えましたので記念写真を撮りました。 いろんな機材で試しましたが、45cmドブに安物のプルーゼル32mmを付けてニコン1で撮ったものを載せました。 月は色が抜けていますが火星のオレンジ色は美しいですね。 昨 ...

↑このページのトップヘ