2017年03月

8月の北米での日食まで150日を切りました。

本命はオレゴン・スター・パーティ(OSP)での観察でしたが、登録開始後わずか4時間で完売という双望会よりも凄いペース(双望会は定員80名ですが、OSPは1000人くらいですからね)であった為、私の名はWaiting Listにも載せられませんでした。

で、うちの会社の子会社があって知り合いがいるリンカーンや東海岸のチャールストンなども視野に入れて検討していましたが、何度も訪れたことがあるオレゴン州のマドラスのキャンピングサイトが良さそうだったのでそこに決めました。

マドラスはホテルの部屋が325しかないので、数年前から予約で一杯でした。でも土地が広いので500のRVと6000のテントスペースがあるそうです。
サイトは皆既帯直下とSolarFest会場の2箇所で、シャワーやトイレはもちろん、食事や買い物、FestivalのRock Musicとかも楽しむことができそうです。
街の中は有料のシャトルバスが運用されるのでいちいち駐車スペースを気にすることもなく移動できます。

下の写真は数年前のOSP会場の様子です。
イメージ 1
夜の写真ですが、これを明るくしたような写真が当日得られるのかな??

因みには私は8/15にシアトル入りし、女子バスケや野球、Jazzを旧友と楽しんだ後、金曜に現地入りして月曜の本番に備える予定です。

オレゴン州は皆既帯の州立公園を開放していく計画が進んでいますので、とりあえず米国入りすればどこかで日食観察はできそうです。ツアーもまだまだ出てきそうですね。

友人に尋ねられたので、少し考えてみました。

料理の写真を撮る時の最大のポイントは"立体感"だと思います。
特に日本料理は、、。
ですから撮る時は上からじゃなくて、カメラを低く構えた方が良いです。

それから被写体の鉛直方向にも気をつけたいですね。カメラが傾いていて鉛直が少しでもずれると不快感が出てきます。

照りも重要です。
食べ物が美味しいと評判の店は照明にも拘っていますので、ストロボを使わずにそのまま撮りましょう。

食べ物は大胆に大きく撮ると良いでしょう。

と、偉そうに書きましたが、、。
私の作品は如何でしょうか?
iPhoneで撮った鶏肉とアボカドのアーモンド揚げです。画像処理一切無し。
イメージ 1
拡大するとより迫力が出ます。

昨夜の写真があまり綺麗じゃなかったので、本日は少し美しいものを
イメージ 1
ソラマメの花です。
スーパーに並んでいる豆からは想像できませんよね。

ところで昨夜の写真の原画はこれです↓
イメージ 2
めちゃめちゃ被っています。

M108銀河に41P/Tuttle-Giacobini-Kresak彗星が接近していたので自宅で撮影
イメージ 1
Nikon D3s with 70-200mmF2.8 ISO6400 F3.2で露出10秒 (若干トリミングしました。)
春霞の為、肉眼で3等星がぎりぎりの空での撮影です。
ノイズが少し残っていますね。

花粉が酷い為、ドブを外に出す気にならず、ポタ赤とカメラだけ使って10分ほどで撤収しました。

先日プラトー内部の小クレータ(Crater Pits)を5個観た時の写真を少しいじったので掲載します。
右下の虫眼鏡のところをクリックして拡大すると幾つかの白いしみが見えますよね。

矢印①のところの2個のPitsと②③④にそれぞれ1つの計5つが見えました。
そして⑤のところにもPitがあった様な感じでしたが、確信が持てず、、。
イメージ 1

写真が不鮮明ですね。ごめんなさい。今後研究を重ねてよりクリアなものを目指します。
今晩も晴れていて木星を観たいところですが、花粉が怖くて外に出られませんでした。

実家の親も最近しっかりと庭の手入れをしていないので、様々な雑草が生えていました。(小さなものばかりで、雑草がぼうぼうという感じではありませんが)

この写真はフラサバソウ。
ヨーロッパからの外来種です。
イメージ 1
花は青のストライプで涼しげですが、葉っぱが棘だらけで仰々しいですね。

ところで先日、辛抱治郎さんによるセミナーを聴いてきました。
彼の徹底した取材に基づいたお話は素晴らしかった。アナウンサーでもあるのでアドリブも完璧で、90分間のセミナーがあっという間でした。
内容は詳しく述べませんが、トランプ、癌、小保方、遭難など多彩でした。

自宅の庭で見つけた小さな花
イメージ 1
白くてかわいらしいですね。
大きさを指と比較してみます。
イメージ 2

こんなに小さい花の写真を撮るには、通常三脚とマニュアルフォーカスが必要ですが、手持ち&オートフォーカスでOK!!
Nikon1のただならぬ性能のおかげです。

先日紹介したConcentric Craterの一つであるCrozier Hです。

3/15の夜に望遠鏡をしまっている部屋の窓だけ開けて撮影。

気流が最悪だったので超ボケボケで二重構造が写っていませんが、眼視では何とか確認することができました。
イメージ 1

今週は花粉が酷くて辛いです。
ここ数年は杉やヒノキ花粉がないシアトルに住んでいた為快適でしたが、、。

実家の庭にあった小さな植物~ホトケノザ
イメージ 1
しそ科らしいですね。

花もユニークですが、中心部の葉っぱの紫の縁取りも独特でかわいらしいです。

実家で撮ったボケの花。
バックにも丸ボケ。
イメージ 1
暖かくなるといろんな花が咲き始めて楽しいです。
まだ昆虫は殆ど見かけませんが、、。

今日は筋肉痛で階段が辛かったです。
息子達も同様だったようで、、。

昨日観た日本女子バスケの決勝は素晴らしかった。
完全優勝したJXは全力疾走でスクリーンをかけるトヨタの選手にピッタリマークし、やむを得ずスイッチしてミスマッチが瞬間的にできてもローテーションして対応。
このディフェンスだったらある程度世界にも通用しそうです。組み合わせ次第では世界選手権でメダルも夢ではないかも、、。

本日は先日中学を卒業した次男のバスケのお別れ試合。
若干名のOBと親が見に来て後輩達との試合が開催されました。
イメージ 1
そのあと大人(コーチ1名と部活の先生及び40代後半の親達と私)対卒業生のガチ対決(8分x4Q)。20歳過ぎの私の長男にもサポートしてもらいました。

私がダントツの最年長で、バスケを本格的にやるのは3年ぶりくらいだったので、皆さんが怪我などを心配していましたが、全く問題なし。
私はほぼフル出場し、チームトップの18ポイント、10リバウンドのダブルダブル。
40代のおっさん達は役に立ちませんでしたが、30代半ばのコーチと長男との連携で中学生を退けました。

まだまだ普通の中学生には負けませんよ~。

庭に結構たくさん咲いていた雑草"オオキバナカタバミ"
美しいですね
イメージ 2

下はトリミングヴァージョン
イメージ 1
おしべが可愛らしい。

木曜日の夜の月の観察の続きです
欠け際のAristarichusがめちゃめちゃ明るかった。
イメージ 1
近くの皺も結構写っていますよね。
センサーの小さなミラーレスカメラを使ったコリメート撮影にしてはイイ感じ。
以前より少しだけ撮影及び画像処理が上手くなりました。(自画自賛!!)

調子に乗ってプラトー付近のも。
イメージ 2
右側がボケていますね。
南北と上下を合わせず申すわけありません。
この構図の方が自分が見た感じに近いので、、。

一昨日は月の明るさに誘われ、自宅で観察しました。
ちょうどMare Crisiumのあたりが秤動でこちらを向いている時だったので、その向こう側のMare Maginis (Edge of Sea)あたりを集中的に、、。
イメージ 1

海の部分のにある無数のRay Systemがまるで引っかき傷みたいで面白い!

狙いのMare MarginisにあるSwirls(強い磁場による渦状の構造の一部が400倍以上に拡大することにより認識できました。

それからプラトーがこちらを向いていたので欠け際ではなかったけど一応確認。
すると何ということでしょう、、。
小クレーター(Crater Pits)が5つもGetできました。久しぶりです。
一見3つなのですが、よく観ると一番北側が同じくらいの大きさの2つで構成されているのがわかり、大きい2つの間にもう一つ小さいPitsがあることも認識できました。

6つ目、7つ目も見えそうでしたが確信持つことができませんでした。

ポカポカ陽気の日に久々に帰省し、庭を散策、、。
私の成人式の日に区内の式典で貰った梅の枝が成長し、綺麗な花をつけていました。
イメージ 1
梅っておしべが多くて鬱陶しいけど、よく観ると可愛いですね。

トリミングしていない普通の写真も載せます。
イメージ 2

枝や建物がたくさんある中、一本の枝と青空を切り取るのに少し苦心しました。

↑このページのトップヘ