2018年07月

妻が自宅に植えていた大きさ10mmほどの可愛らしい花~ロベリアです。 拡大してみると結構複雑な構造をしているのが判りますね。 どうやって受粉するのか知りたくて調べたのですが、よくわかりませんでした。 自分で育てて観察することが必要ですね。 ...

昨夜は金星、木星、月、土星、火星に加えてISSも登場し、夜空が明るい浦安でも充分に天体鑑賞できることを認識して頂きました。 上の写真は食事中、バルコニーに無造作にカメラを置いて撮影したもの。 強風(海風)と低空のもやの影響でStar Trailが一定ではありません ...

昨夜はディズニーランドの近くの知り合いのお宅で夕食会。 厳選されたワインを片手に奥様の手料理に舌を鳴らしました。 私が持参した10cmで月や惑星の観察もしました。 下の写真はご主人がスマホのコリメートで写したもの。 結構よく写っていますね。 月を観た瞬 ...

葉っぱの先にとまる小さな虫 ハナアブの一種かな? この虫もロボットみたいですね。 ここでこの写真には全く関係ないトリビア サッカーのハンドという反則は特に米国ではHandballと言います。 ワールドカップでも映像にはHandballという言葉が使われていました。 ...

自宅の草刈り中に見つけたカマキリの幼生 一人前の顔をしています。 小さな庭ですが、虫たちにとっては一つの広い世界なのでしょうね。 ...

オービックのSkyler Howardは投げてよし、走ってよしの素晴らしいQB。 ウエストバージニア大(Big 10 Conferenceの5位くらいの中堅チーム)出身でSeattle Seahawksにも練習生で参加したことがあるようです。 脚力に自信がある為か、ディフェンスが近づいて来てもスライデ ...

先日出かけたアメフトの続報です。 2つのタッチダウンパスのシーンを載せます(最初のはキャッチできなかったけど)。 QBがボールを手にした後の目線の先にOpenの選手がいたらすぐにフレーミングし、秒間20コマの連射を実施。 決定的なシーンを結構の確率でGetす ...

今晩もアンタレスBが楽勝で見え、4つのガリレオ衛星も円盤状が全く崩れない絶好のコンディション下で木星の素晴らしい像を堪能しました。 昨夜と同様NEBの複雑なうねりとそこから伸びる何本ものフェストーン。 Leica Zoomを用いた最高倍率である460倍で、大赤斑の内部構 ...

一昨日は惑星観察の他に星雲・星団・銀河の観察も自宅でしました。 NELM(肉眼極限等級)は3等級台。透明度がいま一つでしたが、最近は東京の明るい空に慣れているので、若干のワクワク感がありました。 最初はM2球状星団。Naglar4-22mm with Paracorrの106倍で完璧に ...

本日は遠征することも考えていたのですが、気流が良くなることが予想されたので、自宅で45cmを使ってじっくり木星の観察をしました。 気流は予想通りほぼ完璧!!時折像が揺れることがありましたが、460倍が使える状態で、アンタレスBが楽勝で見えていました。 印象的だ ...

昨夜は終業後、新幹線に乗って自宅に戻り、深夜から火星と土星の観察をしました。 気流はまあまあ。でも冬に比べたらめちゃめちゃ良いです。 土星は5個の賑やかな衛星や超シャープなカシニの空隙が印象的。 薄雲越しだったのでコントラストは低かったのですが、胴体の複 ...

トークショーの後は1階で写真展を観た後、六本木ミットタウンで反省会。 「アイピースを普通に買うと高いので、構成されるレンズをバラバラに購入して組み立てたら安くなるかな?」なんて言ってしまうような超マニアックな人たちとの食事会は大変勉強になります。 双眼 ...

渡部先生のトークショー、質問コーナーがまた素晴らしかった。 まず、会場を埋めた150名のシニア世代からの質問が場の空気を読んだ適切なものばかりで驚きました(上から目線ですみません。単に凄いと思っただけです)。 その質疑応答の中で面白かったのが天体の色付けに関 ...

品川で遊んだ後は六本木に移動し、FUJIFILM SQUAREで東京天文台副台長の渡部教授と黒田有彩のトークショーを観ました。 黒田さんのことは知らなかったのですが、お茶の水大出身で宇宙飛行士を目指すリケジョの30歳とのこと。 美形でかつ超活舌が良い素敵な女性。 渡部先 ...

Nikon Museumではちょうど双眼鏡の展示が行われていました。 その中で目を引いたのが1939年製の25cm双眼鏡!! 服部氏のBig Binoに見慣れている私にとって珍しい大きさではありませんでしたが、80年前の製品ですからすごいです。 倍率も250倍まで上げられるとのことで、 ...

↑このページのトップヘ