2018年10月

隅田川テラスからのスカイツリー ここからの眺めが一番いいですね。 彩度調整はしていません。 明度を若干落としただけ。(やや不自然か??) 川辺の照明の緑やオレンジ、屋形船の赤、スカイツリーの紫が川面に映って綺麗ですよね。 これも結構好き↓ 何れも手 ...

本日もニコンのコンデジP-1000を片手に散歩しました。 ずっと曇りだったけど、隅田川のほとりの見晴らしの良いところで月を発見。 手持ちで撮影しました。 2000mmF6.3 露出1/30秒、ISOは1600です。 トリミングはしていません。撮って出しです。 薄雲越しですけどクレ ...

先日の昆虫写真の続きです。 羽がボロボロの蝶。 いろいろ苦労があったのでしょうが、まだなお頑張っていますよね。 たまたま透明な空気感も得られたので気に入っています。 1000mm望遠手持ちで撮影。 手振れ補正使っていますがそれでも若干ブレています。練習し ...

3000mmで撮影する時、月や土星等のフレーミングに苦心しましたので購入したのがこれ↓ Slikの微動雲台です。 軽量、高剛性でガタも無いのですが、調節ネジの使い方に慣れが必要です。 それからカメラ取付面の面積が小さいのも若干のマイナス点。 でもおそらく使い ...

先日土星の撮影をした時にカメラをアルビレオに向けてズームアップし、オートで動画を撮影した時のひとコマ。 PCで動画を再生したものをキャプチャーして載せました。(手抜き編集) 動画では星が瞬き綺麗でした。 星が画面の端の方にありますが、星像は結構いいです。 ...

P1000が最も得意とするのは昆虫写真だと思います。 思いっきり寄れますし、逆に少し離れたところから狙うこともできます。 特に1~2m離れたところで撮影するのでしたら昆虫の警戒心も少なくなりますので自然の姿を写しやすくなります。 下の写真はモンシロチョウを100 ...

ニコンのデジカメP1000はズームアップするとファインダで8等級の星も確認可能ですので、土星のピント合わせは衛星であるタイタンで行いました。 ですから露出をかければ当然浮かび上がります。 あまり明るくはないものの、しっかり写っていますよね。 天王星や海王 ...

P-1000で火星も狙ってみました。 露出は1/450秒、ISOは400です。 これも動画をスタック 何だか模様らしきものが写っていますよね。 下側の極冠は間違いなく表現できていると思います。 大接近の前にこのカメラを購入したかったなあ。 ...

昨夜の土星はオートの動画機能を使用した為露出オーバーでしたが、本日はマニュアル動画を使ってみました。 マニュアル動画はファインダが大変暗く、土星ほどの明るさがあっても視認することが難しかったのですが、苦労した甲斐があって、デジカメとは思えない落ち着いた ...

P-1000はセンサーサイズが小さいので望遠レンズが得意のボケはいま一つ。 でもその代わりに圧縮効果は上手に表現してくれます。 圧縮効果の写真を最も撮りやすいのは東京湾! ここには釣り船、観光船、コンテナ船に加えて野鳥も多く、タレントぞろいです。 上は2 ...

ニコンのコンデジP-1000で写した大江戸神輿まつりの様子です。(神輿を担ぎ終えてリラックスしているところ) 江東区の木場公園に植物、昆虫の撮影に行ったところで出くわしGetしました。 500mmレンズの圧縮効果で直線距離で3.5km先のスカイツリーが浮かび上がりました。 ...

ニコンのコンデジCoolpix P-1000、風のない日にしっかり撮るとこうなります↓ 固定撮影での30秒ほどの動画をスタックしました。トリミングはもちろんしています。 少し露出オーバーでした。 でもカシニの空隙ぽい線や本体の影が見えます。 露出をしっかり決めて追尾 ...

今日は風が無かったので、近所の公園で惑星の撮影にチャレンジ。 フルサイズ3000mm相当F8.0、露出1/160、ISO1600の手持ちで土星の輪を何とか写すことができました。 凄い時代になりました。カメラの開発部門の皆様、次はシンチレーションキャンセラーをお願いします。 ...

葛飾海浜公園で最初に見つけたのが小指の太さくらいのアオダイショウ。 近づき過ぎると逃げちゃうので、500mmのマクロで撮影。もちろん手持ち。 この時は太陽の光が充分だったので、結構いい感じに撮れました。 迫力があってデカく見えますよね。 実はこれ、トリミン ...

人生初カワセミ! 夕方薄暗くなっていたことに加えて常連さんがたくさんいたので、手持ちで常連さんの肩越しに撮影。 3000mmF8開放、1/50秒、ISO1600。 こんな条件ではシャープなものが得られませんね。 焦点距離を1000mmに落として同条件で写したものをトリミングし ...

↑このページのトップヘ