2020年08月

昨夜はシベットさんご推薦のIR-Cut Filterを使ってCMOSカメラによる撮影実施し、ようやくまともな火星像を得ることができました。気流が凄く良かったので106倍の眼視でも模様の詳細がよくわかりました。下の写真はAbbe Barlowを付けて焦点距離を600mmにして写したものを結構 ...

公園でM11を観てると雲が広がってきた為、自宅に戻ることにしたんだ。   道中、たくさん咲いているヒマワリの花が混乱している様子だったので、声をかけると「太陽が沈んでしまい、今は月に顔を向けているけど月が沈んだらどうすればよいのか不安」とのこと。   そこで ...

昨日も空が良かったので公園に出かけて星を観察したんだ日没後、機材を折り畳み式キャリーバッグに投げ込み(ウソ、丁寧に積み込み)歩いて5分の公園へ三脚は2本ともカーボン製なので運ぶのも苦にならないまずは公園で球技をする子供たちの楽しそうな声を聴きながら月の観察 ...

昨夜は気流がそれほど良いわけではありませんでしたが、木星を107倍でじっくり観察していると大赤斑に大接近したBA(永続白斑)や複数のフェストーン、細いベルト等の模様も把握できました。ASI462MCを覗かせて撮った写真がこれ↓写真としては上質ではありませんが、小さな模 ...

今まで私が天体写真や電視観望に積極的に取り組まなかったのは以下の理由によります。①カメラやレンズに関する知識を習得するのが面倒②機材が大掛かりなものになりそう③お金がかかりそう食わず嫌いはいけないので、先日紹介したようにZWO ASI462MC(¥39,100)を購入して使 ...

昨夜は寝る前にぎょしゃ座の5角形が全て(最微恒星が2.7等級)肉眼で楽に見えていることに気づきました。東京23区内にしては素晴らしい透明度。慌てて窓際の5cm反射を使ってメジャーな散開星団の観察をしました。そして前回紹介したZWO ASI462MCを接眼部に突っ込み、ZWOのホー ...

Next Stage Step1は "お手軽記念写真撮影機能の追加"でした。(新規導入したカメラは所有している接眼鏡と合焦位置が異なっていましたので、今回、トラス棒を作り直しました。)5cm反射の性能アップを期待された方、ごめんなさい。このシステムは写真が下手な私でも、眼で見 ...

5cm反射望遠鏡のStep Up企画の第一弾であるStageⅡ Step1のFirst Lightを昨夜行いました。シーイングがメロメロ(3/10~5/10)で、画像処理もへたくそですが、とりあえず初回の記録として載せておきます。まあまあ期待通りの成果が得られています。Step1の改良内容については次 ...

今回の主鏡破壊事件を契機に、以前より暖めていた5cm反射望遠鏡のNext Stage突入計画を実行することにしました。昨年末、自分の45cm Light Bucketを小型化した望遠鏡を作ってみようという軽い気持ちで5cm反射の製作に取り掛かりました。5cmのニュートン式反射ってレアだと思 ...

またやってしまいました。主鏡の落下。これで4回目(外で1回、部屋の中で3回)。でも今回は部屋の中でしたが嫌な予感がしました。そして拾い上げると壊れてる~正面から見ると部分日食みたいで美しいけど。しかも破断面も超美しい構造屋、材料屋はきっと萌えると思います ...

少年B:第3回天体鑑賞スクールでやった発声練習は役に立っているよね 少年A:第3回のことなんか覚えてないやー 少年B:これだよ↓   --------------------------------------------------------------------------- コーチ:さあ最後に“いつものやつ”やって終わりま ...

東京に戻り、いつもの公園に久々に20cm重箱ドブを持ち込み、木星・土星の観察をしました。昨夜は気流、透明度が良いこともあって、Leica Zoom with Abbe Barlow (120倍~240倍)の200~240倍の範囲で本体の模様を楽しむことができました。公園は短い草が茂った地面なので、昼 ...

お盆週間の天体観察から抽出したおすすめ天体の掲載第2弾です。今回紹介するのはイルカ座のNGC6934球状星団です。Caldwellカタログにも載せられています(47番)。この球場星団までの距離は50,000光年で大きさは7分です。いて座のM22が大きさ32分ですが距離が5分の1の10,000 ...

今回からしばらくは、お盆週間の自宅での天体観察で興味深かった天体を紹介します。一つ目はDouble of Double Double!!以前にイルカ座のɤ星は単なる2重星ではなく、近くの星とでこと座εのようにダブルダブルのようになっていると紹介しましたが、今回45cmで眺めているとも ...

この一週間はずっと天気が良かったので、毎日6時間くらいバルコニで45cmを通して天体と戯れました。日没後すぐはアンタレス。夏は伴星もよくわかります。そして木星、土星を3時間くらいかけてじっくり観ました。(印象的だった天体その1、その2はこの2つの惑星です)下の写真 ...

↑このページのトップヘ