light_bucket_18のblog

写真はBrooklyn Bridge

2021年01月

お待たせしました。IR640 Proフィルタ効果の検証結果を報告します。このフィルタはご存知のように640nmより短い波長をカットします。Hα線が656,3nmですので、そこから長波長の近赤外領域を通し、光害の影響を最小化するというものです。私が一緒に用いるCMOSカメラASI462MC ...

この写真、Stackなしの10秒露出だけのものです。私はこうやって撮影しました。①望遠鏡にM13を導入②PCとケーブル接合しているCMOSカメラASI462MCを接眼部に取り付ける③ASILiveを立ち上げる(無料のアプリです。インストール方法はネットで探してください。)④上の写真の1 ...

昨夜観た中で最も印象的だった銀河がこれです↓りょうけん座のくじら銀河とホッキースティック。30cm以上のドブソニアンのオーナーに人気の天体でして、空の良いところではくじら本体(NGC4631)の複雑な構造やホッキ-スティックの歪な形状がわかって楽しいのです。昨夜の5c ...

とりあえずサイトロンのIR640フィルタを入手したのでASI462MCに取り付け、様々なDSOの電視観望を金コート5cm反射でしました。もちろん部屋の中からです。(窓は開けましたけど、、。)そのなかで最も驚いたのがこれ↓肉眼でヘルクレス座の星が一つも見えない低空の空で、こん ...

製作中の金コート5cm反射はこの写真のように箱型にしています。まだ塗装が終わっていないので、引き気味の判り難い写真ですみません。これから幾つかのギミック等を追加した後、しっかりと詳細を披露します。ところで一昨日に月を観察した後、月から36度しか離れていないしし ...

昨日は結構早い時間に部屋の中から月齢13の月を観察しました。用いた機材は5cmF10  焦点距離500mmです。月面南西部の巨大なクレータのところが秤動で地球に向いていた為、いつもより巨大さを認識することができました。写真はこれ気流が悪くて少し眠い画像ですが、眼視イメ ...

一昨日は調子に乗って朝4時までPC上に浮かび上がる銀河を見ていました。下の写真は球状星団M3の近接天体(有名な星雲星団と一緒に見えるDSO)として、以前に私のホームページで紹介したことがあるNGC5263です。(写真をクリックして拡大してご覧ください。)この銀河の実視等 ...

金コートを施しているとは言え、5cmF4という小口径短焦点の球面鏡。こんなもので暗い銀河が捉えられるのか若干の不安がありました。しかも肉眼で2.1等級のデネボラがそらし眼でないとわからない空で、、。で、昨夜の結果がこれ↓(部屋の中から極軸を北方向に向けただけのポ ...

ようやく金コート反射で月を観ることができました。1/17に製作を開始しましたので一週間と少しで天体のFirst Light。思いのほか早くできました。で、肝心の見え味ですが、、。悪くないです。低倍率はもちろん、Hi-Or 2.8mmの72倍でも小さなクレータや月面の皺が判りました。 ...

下の写真は接眼部から長径12.7mmの小さな斜鏡を見たものです。光軸は完璧ですよね。斜鏡の剛性も上げたので少しくらい乱暴に扱っても大丈夫です。ニュートン反射マニアの私は、スパイダー4本が同じ長さになるこの状態を見るとテンションがめちゃめちゃ上がります。光軸修正に ...

主要パーツの製作がほぼ完了しましたので、雨粒が付いた窓ガラス越しに近くの建設現場に設置されている杭打機?を見てみました。アイピースはPL20mm。ニコン1による手持ちコリメート撮影です。ホワイトバランスが崩れているのではありませんよ。眼視でもこんなに黄色く見える ...

地味な記事が続いたので今回は派手な写真を載せますね。窓ガラス越しのM42 オリオン大星雲、、。PCキャプチャー画面です。拡大してご覧ください。70-200mmF2.8望遠レンズ with ASI462MCの5秒露出をLive Stackingしました。QBPフィルターも使用しています。透明度が低く、肉眼 ...

主鏡の支持構造がほぼ完成しました。コンセプトは以前に紹介した図面通りです。上の写真右側のベースプレートにナットを埋め込みそこにM4ネジを刺します。このネジは主鏡と両面テープやマスキングテープで結合した写真左側の円形プレートに下に引っ張り込む働きをします。そ ...

今日は斜鏡支持構造を製作しました。作業は1時間ほど、、。以前に製作したものと全く同じですが、細かい話も少し紹介いたします。 これが出来上がった斜鏡支持構造500円玉と比べると小ささがよくわかると思います。 材料は直径1cmの円筒型バルサ材。カッターナイフで切断し ...

金コート反射の接眼部が概ね完成しました。仕上げ、塗装はこれからですが、、。いつものようにカッターナイフと接着剤とで超手抜き加工。通算4時間くらいでした。世界最軽量レベルのアメリカンサイズ用接眼部です。赤缶(CMOSカメラ)と一緒に撮るとそれっぽく見えるでしょ。C ...

↑このページのトップヘ