light_bucket_18のblog

部屋から偶然連続で見かけたオリンピック塗装のJAL機、ANA機

2021年05月

ニコンの「星の美しさを伝えた望遠鏡たち」の紹介第2弾は、8cm屈折赤道儀です。少年時代の私にとって赤道儀といえばこれかTS式P型でした。(持っていたのはデパートの眼鏡屋で買ったV社製のポラリスRですけどね。)藤井旭氏が所有されていたというのも憧れた理由です。デザイ ...

少し前のことになりますが、ニコンミュージアム品川に出かけて「星の美しさを伝えた望遠鏡たち」という企画展を見学してきました。入館して最初に目に飛び込んで来たのは巨大なM45の写真と屈折赤道儀(下の写真はM45が切れています。ごめんなさい)M45は社員の方が撮影された ...

近くの池に住んでいる微生物を観察しました。まずは動きがゆっくりで優雅な感じがする珪藻類美しい幾何学的模様のようなものを持っています。色収差の為、少し汚い色ですが、眼視ではもっとキラキラして綺麗でした。微生物は天体と異なり同定が難しいですね。何かいいサイト ...

今回は鏡筒上部の内部構造を紹介します。かなり雑な作業結果なので恥ずかしいのですが、期待されている方もおられるので、、。斜鏡支持構造の平面図がこれです。直径わずか10mmのバルサ棒にΦ2mmの孔を5つ、あけました。孔間距離は1mmになりますので、細かい作業であることは ...

今日の皆既月食は、葛西臨海公園に自転車で出かけて観ることにしていました。日没前は東の空を中心に青空が広がっていたのですが、月が昇る寸前にはほぼべた曇り、、。でも狙っていた月とシンデレラ城を何とかGetできました。もう一枚、引きの写真を雲がスパッと月を切ってい ...

ブログ掲載が滞っている5cmF10反射の製作記事ですが、ようやく鏡筒上部の仮組立が完了しました。黒い四角の部分はメインの鏡筒部で斜鏡支持構造が入っており、下の白い四角い箱が今回のギミックの一つであるLight Trapです。黒の鏡筒から飛び出している白い箱は鏡筒内部格納 ...

この顕微鏡はスマホを取り付けて楽に観察できるのですが、私はやっぱりアイピースを覗くのが好きです。今晩も3時間ほど覗き、ゾウリムシやその他の生物の生態を観察し続けました。こうやっていると様々な場面に遭遇しますね。その一つが期待していた細胞分裂 すでに後半戦に ...

5cmF10反射のRemake記事をしばらく掲載しておりませんが、着実に進んでおりますのでしばしお待ちを、、。今回もレイメイ藤井のハンディタイプ顕微鏡に関する話です。昨日午前中に届いたゾウリムシは小さな醤油さしに入れられ何日も輸送されていたこともあって結構弱っていま ...

顕微鏡初心者のアイドルであるゾウリムシを購入。これはメダカの稚魚の餌として売られているもので培養の為の餌(強力わかもとの錠剤)も付属していました。早速、顕微鏡で観たのですがでかいですね。この顕微鏡の最低倍率が100倍なので凄い迫力です。でもなんだか動きが鈍い ...

本日の早朝に歩いて5分の荒川の支流で水を汲み、そこから藻らしきものを取り出して観てみました。天体観察で難しいのは対象の導入(細かい位置合わせ)とピント調節ですが、顕微鏡による微生物の観察も同様です。一滴の水の中に微生物が存在するかわからない状態でピント調節 ...

Taizoさんやエッジオンハンターの刺激を受け、顕微鏡を購入しました。(梅雨時期の暇つぶしとして)シャープな光学系のものが欲しかったのですが、大きなものは部屋に置けないので、思い切ってハンディタイプのものを、、。で、購入したのはレイメイ藤井のRXT300N。プラスチ ...

今回は米国大リーグでホームランになったボールがバットに当たった瞬間です。以前にシベットさん親子とオレゴンスターパーティに参加したのですが、その直前のシアトルマリナーズ野球観戦でのひとコマ。コンパクトなニコン1、フルサイズ300mm相当で撮影。ニコン1はビューファ ...

今回のRemakeはいま一つ楽しくないと思いながら、自分の以前のブログ記事を見ていたら気が付きました。いまの私には「遊び心が無い!!」2014年に参加したオレゴン・スター・パーティでは下の写真の望遠鏡が披露されました。ピンク色は小学生の女の子の望遠鏡で、架台のニコ ...

関東地方を中心に観られた昨日夕方の虹の件、ネット上で「虹が途中でずれている」といった報告が上がり、それは水滴の屈折率の違いによるものであるといった説明等がありました。私の観察結果では、虹が発生したところより手前(自分側)にある黒やグレーっぽく水平に広がる ...

これまでの自作で余った端材を組み合わせ、鏡筒上部フレーム構造を完成させました。斜鏡支持構造は直径1cmのバルサ材丸棒に5本のM2ネジを刺すという強引なコンセプトでしたが、剛性も充分で、光軸修正も容易です。このフレーム構造にはダイアゴナルメンバー(斜め材)が入っ ...

↑このページのトップヘ