久々の天体鑑賞スクールです。
以下はフィクションですが、実在するものもありますので、気楽にお楽しみください。

コーチ:(小さな声で)今日はAちゃん、B君と都会のアウトリーチ会場にお忍びで来ています。

少女A:こんばんは、コーチ。ところでアウトリーチって何?

コーチ:アウトリーチは日本語では天文普及活動と訳されることが多いのですが、本来の英語の意味はthe activity or process of bringing information or services to people(by Mrriam-Webster)

少女A:それって人々に情報やサービスを提供するってことなんだ~。じゃあ、別に初心者相手でなくてもいいんだよね?

コーチ:だからこのイベントは中級者向けなのです。因みにアウトリーチは国際天文連合の2020-2030戦略計画に含まれていて日本の国立天文台が中心となって進めるようになっているんだ。なんだかかっこいいよね。我々の活動は世界が注目している、、。

少年B:だったら国際ライブ映像が配信されるのかな?

コーチ:日本はプライバシーに関してうるさいからそんなことはやらないでしょう。会社の異性の部下と一緒のところがばれたらまずいですし、、。

少女A:なんだか難しいね!コーチもさっきから綺麗な女の人とずっと手をつないでいるし、やばいんだろうな~。ところでコーチ、あそこの解説の人が見せているのはスバルかな?中級者向けにしてはメジャー過ぎない??

コーチ:聞き耳を立ててみよう

一般人A:すごい!オレンジ色の星が含まれる2重星がある!スバルって若くてエネルギッシュな星ばかりと思っていた。

解説者A:スバルの中心にあってなかなかいいでしょ。写真で見ると星の色がわかりにくくなるので望遠鏡を使って観てくださいね。

一般人B:その星ってオリオンが追いかける若い7人女性をそっと見つめる老人星みたいだよね。

解説者A:オリオンに見つめられて赤くなっているだけかも知れませんね。

少年B:コーチ、あの人が海王星って言いながら見せているけど方向が違くない??

コーチ:しっ~。海王星は低倍率だと恒星と区別できないから良いのです。そもそも都会で海王星を導入するのは大変だし。

少女A:インチキだ~。

CMA&SkyTree


一般人S:Hello

一般人T:Thank you for coming. I appreciate it.

一般人S:Wow ! It’s so crowded!

少女A:(ひそひそ声で)あの人たち誰?

コーチ:さくらさ!流暢な英語を話すかっこいい外国人が会場にいると華やかな感じがするでしょ。

少女A:これも演出かあ~。

少年B:わあ、これは一部の人たちの中で有名なナイトビジョンだ!すげえ、はじめて見た。でも誰も並んでないよね?

コーチ:皆さんにゆっくり覗いてもらうために一人5分間の完全予約制なのです。

少女A:5分間も何を観てるの?

コーチ:ほとんど肉眼に近い倍率で人工衛星とか流星を観てるようです。ナイトビジョンを使うと都会でも結構暗い流星や人工衛星が見えて楽しいですよ。

情念A:←おいおい、少年じゃなくて情念になっているよ!

筆者:ごめんなさい

少年A:動きのある天体をじっくり観るなんていうのが中級らしくて良いねえ。あっちでも小惑星を見せてから1時間後の移動をまた見においでって言ってた。

解説者B:(レーザーポインタで示しながら)はい、これがISS国際宇宙ステーションです。次は90分後にまたやって来ますので、みんなで鑑賞しましょう。

一般人C:ISSってはえーな!90分で世界一周だとさ。

一般人D:これで出張行けたら良いな。ニューヨーク日帰りができる!!

解説者B:そうですね。次のISS観察まであちらでスタバのコーヒーでも如何ですか。ポットサービスを頼みましたので、、。有料ですけど。それからおなかがすいた人はUber Eatsも頼めますよ。

少年B:すげえ、都会ならではだね。

少女A:向こうで盛り上がっている人たちがいるけど、、

コーチ:あれは先日のラグビーワールドカップの録画放送をスクリーンで映しているんだ。都会はもともと明るいから、少し照度を下げたプロジェクタを放映してもあまり問題ないですよね。それと実況が英語というのがお洒落っぽいよね。

少年B:こっちはリクライニングチェアで休んでいる人がたくさんいる

コーチ:都会人は疲れているし、観望会って立ちっ放しで大変だからね。

少年B:こーち、ボクも疲れてきちゃった~。今日の薀蓄は?

コーチ:そうか。じゃあ、やろうか! さっきスバルを見ていた人たちがいたけど、、

少女A:まさかこれを見た谷村新司が昴というを作ったとか言わないよねえ??

コーチ:・・・ 

コーチ:じゃあNGC1514 クリスタルボー・・・

少女A:大都会?

コーチ:・・・

少年B:コーチは古過ぎるんだよ!

少女A:じゃあ私が出すね。北極星の近くにあるIC3568を観た米津玄師が作ったのは何でしょう?

コーチ:IC3568って別名Lemon Slice Nebulaだな?でもよねづって?

少年B:わかった、Lemonだね?!


少女A:正解!!

コーチ:じゃあ、B君、いつものせりふを!


少年B:ほんとかよ、俺の生まれる前の話だし、、。

少女A:Lemonは昨年配信の曲よ!!

おしまい