昨日のラグビーワールドカップ、アイルランド戦は痺れましたね。
スクラム、ラインアウト、タックルとも世界ランク2位と同レベルで素晴らしいものでした。

下の写真は昨年のサンウルブズでの福岡選手のチャージ。昨夜と関係ないけど載せてみました。
DSC_5824

さて、海外メディアも日本を絶賛という記事がネットの出回っていたので原文はどうなのかと思って幾つかのアイルランド誌を読んでみました。

敗因のトップはレフリーのBad Performance。
各誌ともレフリーの名前(Angus Gardner)を掲載し、ラック時にアイルランドが不利になる笛を吹いたと言っています。(まあ、日本はしっかりレフリーの癖も研究していたようですので、事前準備も日本の勝利ですね)

次がBad Condition。まるでサウナのようで涼しくて過ごしやすいヨーロッパと全く異なっていたとのこと。(表現の仕方がやや上から目線でした)。

残念ながら日本選手のプレイそのものを絶賛することはありませんでしたが、ファンの後押しのことは各誌とも明記していました。

世界はまだ日本を無条件に称賛していませんので、予選を首位で突破し、強さの証明をして欲しいですね。