もうすぐ双望会同窓会。
このイベントは状況が他と少し異なります。
・望遠鏡や機材、机等が100台以上並ぶ
・明るい室内での夕食後に真っ暗な外に出て行く。
・宿泊のイベントなので酒に酔った人が出歩くことがある。

物がたくさんあるところを目が充分に暗順応していない人または酒に酔った人が歩き回わる、、。
何が起きるか想像できますよね。
そう、物にぶつかることがあるのです。(私は酔っ払いに機材を壊されたことがあります。)

予防策は、、。機材を照らしておくことだと思います。(自分が機材の近くにいない時が最も重要)
IMG_2425
写真は赤色のLEDを使ったライトです。
筒状のものはフィルムケースと単3電池2本を用いた自作品でオレゴンスターパーティにおいて1ドルで購入しました。
小さいものは小指ほどの大きさで1つ200円。それに取り付けた面ファスナーや針金で機材にくっつけます。光源は明るいので左のLEDのように紙でフードを作って光源が直接目に入らないようにします。

これらでドブの接眼部近辺やロッカーボックス、椅子の脚部やテーブルの脚を照らして注意喚起します。夜は付けっ放しにする予定ですが、消費電力が小さいので2晩は持つでしょう。