私の双望会での一番の楽しみは、Tさんと一緒にM42/43 オリオン大星雲を様々な倍率でじっくり観察すること。
下の写真は光害が強い自宅で45cmドブを使ってニコン1のコリメート撮影、露出2.5秒一発撮りですが、空の良い御園では複雑なガスの流れ、濃淡がこの写真よりもっと良く見えます。
色はこの写真程は目立たないのですが、、。
DSC_2514_rd

今回は多くの人が馬頭星雲や燃える木及びナイトビジョンによるバラ星雲等に注目されていましたが、私は見どころの多いM42/43に夢中でした。
特に双望会の前身のサミット時代にTさんに薦められたナグラー22mmとパラコアの106倍で観る全景が素晴らしかった。
写真では潰れてしまう中心部も眼視だとガスの濃いところ、薄い所やその中で見え隠れする小さな恒星が臨場感あって楽しいのです。
それからこれまでのこの会で衝撃を受けて衝動買いしてしてしまったイーソス13mmやライカズームを使って高倍率にすると、よりダイナミックになってこれまた目が離せませんでした。
ほんとに何度も何度も見入ってしまう、、。

でも今回は不覚にも最も空の状態が良い時を逃してしまいました。(入浴で)
Tさんはわざわざ私を探してくれていたようで、本当に申し訳ないことをしました。

また来年、一緒に楽しみましょう。