昨夜は横浜の某所にK_Nebulaさん、石石石さんと集まりました。
空は写真のように結構いい感じ。
output_comp7
オリオン座の星で確認したら肉眼で3.2等星が直視(そらし眼無し)で見えていました。
都会にしては上出来です。

ふたご座流星群極大日でしたが、3人ともあまり期待しておらずウケ狙いの機材を持参。
一つ目は双眼鏡。
STR_1525
ニコンWXやLEICA、コーワ等良質なものばかり、この写真以外にもまだいくつかありました。

さて、前回お約束したLEICA Noctividの見え味を紹介しますね。
この双眼鏡は中心像が特に素晴らしいです。もちろん周辺像も文句ないレベルですが、、。
他の双眼鏡より口径が大きいように感じるほど星が明るく、微光星がよく見えます。
明るく輝く肉眼星に多数の微光星にが同居するプレヤデス星団が印象的。
で、最も面白かったのはペルセウス座の中心部のMelotte20。ほんとにキラッキラでした。

オリオン座の高度が上がってくると三ツ星付近がとても良かったです。この辺りには4~5等星のオレンジ色の星が結構あります。31番星、51番星、27番星等。
これらがあまり意識していなくても眼に飛び込んできました。(今回のブログでの綺麗なものその1)

横浜は羽田空港や厚木基地が近いので、航空機がひっきりなしにやって来ます。
それを眺めるのもなかなか。
コントラストがとても高いので、月に照らされた機体がよくわかり、室内照明により輝く窓もイイ感じでした。
そして今回のブログでの綺麗なものその2が下の写真に示す飛行機雲です。
STR_1523
流星痕のように上空の風で形を変えて行く姿は圧巻。しかも月に照らされ色づいて見えますし、、。

ウケ狙いの機材2つ目は石石石さんが持ち込まれたツアイスの分光器。
これをK_Nebulaさんの五藤12.5cmに刺して冬のダイヤモンドを形成する1等星を見せて頂きました。
見えたのは綺麗な生のスペクトル。
赤から紫までめちゃめちゃ綺麗(綺麗なものその3です)。星によってスペクトルが異なるので面白かったです。冬は白っぽいシリウスやリゲル、黄色っぽいカペラやプロキオン、オレンジ色っぽいベテルギウスなどと冬は異なる色の星が多数ありますので、絶好ですね。

ウケ狙いのもの3つ目はK_Nebulaさんのビールグラス。紙コップと飲み比べをしましたが、雑なつぎ方をしても泡がクリーミーでまるで別物のように感じられました。

そして綺麗なものの最後はもちろん流れ星。
私は残念ながら2つしか見られませんでしたが、そのうちの一つは火球クラスで途中で色が変わり、最後はオーロラのような緑色でした。