Meade社が倒産?みたいな報道があり、心配されている方がいらっしゃると思いますので、少し調べてみました。

 

まずは12/6に同社がFacebookに掲載したものを載せますね。

 

As in recent news, Meade Instruments hasfiled for Chapter 11 Bankruptcy Protection Reorganization on Dec. 4th, 2019.Please be assured that we will continue to support our products, our customers,and our network of Dealers throughout this process. Our customers will remainour highest priority. We thank you for your valued support and look forward tocontinuing the Meade name.”

お客様のことを第一に考え今後も製品サポートをしていくとのことです。

 

1972年にカリフォルニアで設立された同社は2013年に中国のNingbo Sunny Electronics社の子会社になりました。

当時、Orion社がMeadeとの提携を考えていたようですが、それがかなわなかったようです。そして逆に独占禁止法に関するOrionの訴えにより$16.8M(当時の為替レートで16億円程度)の支払いを命じられました。(Orionは仲間にならなかったから訴えたのかな??)

また、Meade社は特許侵害をめぐってCelestron社とも争っていました。

何が今回の引き金になったかは明らかではありませんが、訴訟によるダメージはあったと思われます。


 observe-1012

写真は1994年に個人輸入した25cmドブソニアンです。円高ということもあって送料込みで5万円弱でした。

日本での評判は散々でしたが、光軸修正の追い込みと上下方向軸へのスコッチテープ貼付により350倍オーバーで大迫力の惑星観察が可能でした。土星のエンケの空隙もこれで確認しています。

各社が熾烈な競争をしてくれたおかげでですね。

 

ところでMeade社が手続したChapter11ですが、これは会社の再建の為にあります。
(It's a Chapter 11 bankruptcy, which may be bad news for creditors but usually signals an intention to stay in business.)

過去に私の航空機関連の業務で、米国の取引先が何社かChapter 11手続きに入りましたが、手続き前に資金調達で奔走していた時よりも手続き後の方がはるかにパフォーマンスが良かったです。一部の社員が自主退職したりマネージャレベルが首になったりはしましたが。

 

Meade社はCorporateRestructuring ServicesForce 10 Partners社と一緒に再建計画を練っているようです。(自分たちの身売りも含めて考えているようです。)

 

Meadeユーザーの方はご心配でしょうが何らかの形で事業の継続はされると思いますよ