昨夜は東京の住まいの部屋の中から6時間のロングラン星空観察を実施しました。
シーイングはメロメロでしたが、20~30秒に一度くらいの割合でGolden Opportunity(像が止まる瞬間)が訪れたので、そのタイミングで月面をかなり楽しむことができました。
DSC_3494a
写真は厚い窓ガラス越しの手持ちコリメート撮影結果です。
ニコン1 フルサイズ50mm相当のレンズを使用。
アイピースはHI-OR2.8mmの107倍。これだとかなり暗くなるのでISOは6400まで上げています。
視野が狭いことに加えてアイリリーフが極端に短い為に手持ち撮影は大変なのですが、運よく30秒ほどの動画撮影ができましたので、それをスタックしてみました(1400フレームの20%をチョイス)。
薄雲もありましたがまあまあ眼視のイメージに近い"でき"です。

赤道儀による自動追尾とテーブルに肘をついて頭を安定させたことでじっくり詳細観察もできました。
部屋は暖かく珈琲も置いており、トイレに行っても自動追尾なので全く問題なく超快適。ガラス越しでここまで見えれば楽しいですよね。

次回は月以外の観察レポートを紹介します。