今日は物凄い強風でしかも気流も良くなかったのですが、自作5cm反射望遠鏡は安定した像を見せてくれました。

下の写真はいつものニコン1コリメート撮影結果(動画から静止画を取り出しスタック)です。アイピースはHI-OR2.8mmの107倍。動画は1/100秒が限界なので、ISOを3200まで上げる必要があり像の切れがいま一つですね。
5cmだと集光力が無く、半月なのに光が足りず発色も思わしくない、、。
DSC_4318

この写真ではClaviusが印象的ですが、内部の小クレータが全く見えず、つるっとした感じ。
5cmだと寂しいです。
面白かったのは写真には写っていませんが、月面中央部のCopernicusですね。このクレータの半分が太陽に照らされた姿はかなり不気味です。

じっくり観察したかったのですが、強風に耐えられず、小一時間で退散しました。