今回も懲りずに窓ガラス越しの月面写真です。
Supermoonの満月から10時間後くらいのものです。
DSC_4626

DSC_4623

眼視では面白かったけど写真はいま一つですねえ。いつもとは雰囲気を変えてモノクロにしてみました。
ところでSupermoonの定義ってご存知ですか?
名付け親はRichard Nolleという人で彼が30年前に発表しました。
定義は月が近地点付近(359,000km以内)にある時に新月か満月になること。
この距離は平均的な月~地球の距離より6%近いだけなので年に何度もあり、何だかインパクトがありませんね。
ですから一年のうちで最も大きく明るい満月という定義が浮上したようです。

この方が一般ウケしますが、肉眼でみても通常の月と区別できないので、どんな定義であれマスコミがあんまり騒ぐものじゃないという意見もあるようですが、、。