箱が完成しお洒落な風呂敷を入手しましたので、それらでお出かけ用道具一式を作ってみました。

DSC_6171

内容はミラーボックス/UTAを収めた箱と接眼鏡収納箱、緑色のハンカチで作った袋に入れたトラス棒、マーキンスの雲台と黒いベースプレートです。

箱を閉じるとこんな感じ↓
DSC_6172

風呂敷を結ぶと、、。
DSC_6173

一つの辺の長さが15cmくらいの小さなお弁当箱サイズです。

双望会同窓会や遠征地等で星の観察前、以下に示す儀式(工程)毎に皆さんから「おおー!!」と言われることをシミュレーションし、ワクワク・ニヤニヤしています。

工程①:風呂敷包みをといて鏡面仕上げの箱を披露する。。。「おおー!!綺麗!!」
工程②:箱を開けて望遠鏡や接眼鏡を見せる。。。「おおー!!ぴったり収まってる!!」
工程③:トラス棒を袋から取り出す。。。「おおー!!本格的!!」
工程④:望遠鏡を工具なしで組み立て、思いの外剛性が高いことを皆さんに示す。。。「おおー!!シンプルなのにしっかりしてるー!!」
工程⑤:雲台とベースプレートに望遠鏡をセットする。。。「おおー!!かっこいいー!!そして軽い!!」
工程⑥:光軸修正用アイピースを取付けて光軸修正し、皆さんにも体験してもらう。。。「おおー!!簡単!!」
工程⑦:月を導入し、覗いてもらう。。。「おおー!!想像以上に見えるねえ!!」

こんなおバカなブログを読んで頂きありがとうございます。