本日、日没後暫くしてから3.1等星の大熊座イオタ星をLeicaの8x42双眼鏡で確認。
肉眼では北斗七星の星が全く見えませんでしたが、、。

その後3.5等のカッパ星を捕獲するも同一視野にある筈の彗星が見えない、、。
と思っていたらすぐに彗星(C/2020 F3)を捉えることができました。

頭部は彗星らしいエメラルドグリーンでそらし眼で尾が確認できました。長さは1.5度くらいかな。
スカイツリーと一緒に写真も撮りました。
STR_2297a

ニコンD3s 70-200mmF2.8 焦点距離は92mm。
写真右上の方に尾を持ったC/2020 F3がありますけどわかりますでしょうか?
(画面をクリックして拡大してみてください。)

良い記念写真になりました。

ネットでは眼視よりも写真の方が尾がよくわかったという意見が多いのですが、私は双眼鏡の方が断然良かったです。
Noctividの威力かも知れません。