今回は以前の写真も用いながら斜鏡支持部を紹介します。
まずは筒先からの写真。
DSC_6373

斜鏡の光軸修正は3本のM2ネジで行います。
ネジを取付けているベースは直径1cmのバルサ材の円柱を切ったもの。
塗装しているので剛性・強度は充分です。

スパイダーは1mm厚のアルミ板です。カッターナイフで簡単に切れます。

DSC_6375

スパイダーはネジでトップリングに取り付けられます。
ネジは野暮ったいので嫌だったのですが、位置キメの精度と脱落防止の為、接着よりもネジ結合を選びました。

因みに斜鏡はこれ
DSCN5885_00003

短径12.7mmのEdmund製です。
1/8λでEnhanced Coatを施しています。

DSCN5887_00003

斜鏡は斜めにカットしたバルサ材の円柱に取り付けています。

課題は仕上げです。
まだ作りっ放しなので、今後サンディングや再塗装をしたいと思っていますが、パーツそのものが小さい為、結構大変です。