さて、今回は先日の東京(肉眼最微光星2.0等)での電視観望結果です。
agc1367ab
上の写真はしし座の背中にある通称Leo Clusterと呼ばれるAbell 1367です。
最も明るいNGC3842(11.8等)を筆頭になんと41個の銀河を特定することができました。
多くが14等級~15等級台、、。これはとても嬉しい。

写真中の頭文字PはPGC(Catalogue of Principal Galaxies)の略でUはUGC(Uppsala General Catalogue of Galaxies)の略です。

書籍「1001 Celetial Wonder to See Before You Die」によるとAGC1367は1度以内に542の銀河があり、口径35cm300倍で50個数えられるとのこと。
ですからこの5cmによる電視観望で41個見えても不思議ではありませんよね。

超地味でそれぞれの銀河の形はわかりませんが、3億3000万年前に銀河を出発した光を見るということで、宇宙の広大さを感じることができます。

それからNGC3842は太陽の重さの100億倍のブラックホールを持っているとのことです。


今週末は先日他界したチックコリアのアルバムをアナログでじっくり聴きました。
アナログ盤は5枚しか持っていないのですが、、。
IMG_4599

チックコリアと言えばReturn To Foreverが有名ですが、私は透明感がある♬Trio Music Live in EuropeやバイブのGary Burtonとやった♬Crystal Silenceが好きです。
どれも音が綺麗なECMレーベルですし、、。

グラミー賞受賞作であるGRPレコードのAccorstic Bandもご機嫌で素晴らしいです。

メジャーなJazz Pianistの多くは生で観てきましたが、Chickだけはタイミングが合わず観れませんでした。
ちょっとそれが残念。
ご冥福を祈ります。