2016年の12月に放映された東海地方のローカル番組「おとなの秘密基地(テレビ愛知)」の動画が最近YouTubeにアップされたらしく、何人もの方に「観たよ」って言われたので、出演経緯やちょっとした裏話を紹介します。


大人の秘密基地は2016年4月に始まったテレビ愛知のローカル番組(毎月第3土曜15:00~15:30)です。
愛知、岐阜、三重に住み、趣味の世界をとことん追求している人たちを密着取材し、驚きの技やこだわりを紹介する番組です。
当番組ではクラシックカーや鉄道模型、コーヒー、万年筆などの紹介があり、2018年9月の最終回はピンホールカメラでした。

2016年夏頃に"天体観測"をテーマとする企画があがり、名古屋の望遠鏡販売店やそこの常連たちを中心にこだわりを持つ人探しが始まりました。
そして10月の半ばくらいに友人(Taizoさん)の紹介でテレビ局のディレクターから連絡があり、私の望遠鏡や自宅のバルコニーの話をしたら興味を持たれてしまいました。

東海地方には天文に関して凄い人が多数いらっしゃるので、私は出演依頼を断わりました。しかし、いろんな手を使って乗せられ、ロケをすることになってしまいました。(自分が出るのは全体の5分くらいで他は友人たちにするよう強く頼んだのですが、自作の望遠鏡とバルコニーがウケたのかなあ?)

愛知県の旭高原や自宅で何回か撮影があり、土日をつぶして結構献身的に協力しました。(合計30時間くらい)
折角いい感じで録れても前のシーンとの服や持ち物等との整合性がなければ当然没になりますし、夜のシーンでは高感度カメラのノイズの許容限界に近くてカメラさんが結構苦労されていました。
因みに
ギャラはゼロです。遠征地までのガソリン代ももちろん出ませんでした。
cd7fd4ae


番組は俳優・タレントの八嶋智人さんがナレーターとなり、時々彼が出演者に話しかけるという形で進められます。その為、私はカメラでなくカメラの横にいることになっている八嶋さんを見ながら話をするよう求められました。(八嶋さんはロケに同行しませんでしたので誰もいないカメラの横を見つめる)
しかも大雑把な流れの打ち合わせがあっただけで、台本はなく、セリフは全てアドリブ、、。
ほんとに難しかったです。

そもそも自作の45cmドブで地味な銀河ばかり観ている私の話がウケるとも思えず、撮影クルー(ディレクター、構成作家、カメラさん、音声さん)と頭を抱えること複数回。その時の苦悩は当時のブログに記しています。
難しかった分だけ、撮影クルーとの結束力が強まり、私も番組作りについていろいろ勉強になりました。

私のこだわり~おとなの秘密基地で : light_bucket_18のblog

番組内ではTaizo氏、ケーメー氏、ワントリック氏のおしゃべりに助けられました。
でも私より上記3名の方を中心にした方が面白かった筈と今でも思っています。

因みに現在YouTubeに上げられているものは八嶋さんがナレーターをされた放映バージョンじゃなく、YouTube用に吹き替えられたもののようです。

極上ライフ おとなの秘密基地 天体観測(1)The Greatest Life : A Secret Base of Ladies and Gentlemen - YouTube