カテゴリ: 5cmで惑星観察

12/3はそこそこ気流の状態が良かったので月齢17の月を楽しむことができました。写真の色が変ですけど備忘録として載せておきます。面白かったのはPiccolominiの東側(欠け際)の細かいクレーター。180倍でこの写真よりもっと明るく詳細が見えていました。今日は火星を見るこ ...

11/28の昼間は気持ちが良い素晴らしい天気でした。月や火星も自宅の部屋から楽に見えるので、早い時間帯から部屋と望遠鏡の温度順応を実施し、観察をしました。まずは月の観察。気流の状態は最悪。16時台はまだましでしたが、高度が低くて輝きもまだまだ、、。高度が上がり、 ...

本日の月。相変わらず気流の状態はかなり悪かったのですが、5秒に一度くらいの割合で細かい地形が浮かび上がってきました。(眼視の方がこの写真より詳細が把握できています。)特に良かったのが虹の入り江の西側(欠け際)の細かい地形と巨大クレーターJ.Herschelの内部。薄 ...

昨夜、火星のヘラス平原がやたら明るいと思っていたらどうやら黄雲が流れていたようですね。月惑星研究会等のレポートにより確認しました。画像をネットにアップするまで他の人の作品を見ないようにしていました。先入観があると面白くないので、、。まだまだ小口径でも楽し ...

写真は11/23の火星です。視直径が16秒も切りましたね。ここのところ、急速に小さく、そして暗くなってきています。気温はあまり低くなかったのですが、もうすっかり冬の気流状態になっている為、地形の詳細把握が困難でした。でも大シルチスとその南部の明るく見えるヘラス平 ...

昨夜は気流の状態が最悪でしたが、これまで継続観察してきた火星を我慢して観察しました。180倍で見ると、いきなり大シルチスが、、。そしてそこから西方向(?)に伸びるSinus Sabaeusもわかりましたがそれより先の地形は薄くて把握が困難でした。やっぱりDustが広がっているの ...

最近ずっと天候が安定しており、火星の継続観察ができています。今日は気流が悪くないのに南極冠の周囲や子午線湾等の地形が見難くなっていました。写真左側にある大シルチスはくっきり見えていましたので、Dust Stormが拡散しているのではないかと思います。口径5cmによる低 ...

火星の視直径はとうとう17秒を切ってしまいましたが、まだまだ楽しめています。今日は2つの時間帯で観察、記念写真撮影をしました。ちょうど大シルチスから子午線湾のあたり、、。品質が揃っていない、いまいちの写真ですが自転の様子はわかりますよね。右側の火星の右上付近 ...

本日も部屋から火星の観察。薄明中は相変わらず気流の状態が良いですねえ。じーっと観ているとDust Stormがこちら側に回ってきている感じがしました。Stormがあると思われる位置が周りより明るいのです。上の写真はいつものシステム(5cmF10反射+ASI462MC)で撮影したものを無 ...

昨夜は今シーズンで3本指に入るくらい安定した気流状態でしたので、17秒にまで小さくなった火星でもいろんな地形を5cmで確認することができました。18時頃から観察開始し右端に明るい部分があることを発見。それが自転で中央に近づいてくると一昨日より南の方(下の写真の上 ...

今日も5cmで火星観察。180倍で観ていると、一昨日と地形の見え方に違いがあることに気がつきました。これまで見たことが無い地形、、。で、写真を撮ってみると、、。11/13の火星像には中央やや左に明るい楕円形がありますよね。11/11もほぼ同様な中央経度なのですがそういう ...

下の写真は5cm反射で撮影した11/11の火星です。南極冠や北部の雲などまだまだ結構見えていますよね。180倍の眼視でもこれに近いイメージでした。10/6の最接近から1か月以上が経過し、視直径も22.6"から18.2"まで落ちましたが、眼が慣れてきたこともあって9月、10月より地形の ...

火星はまだまだよく見えますねえ。気流も結構安定していますし、、。最近は北(写真の下方)の地形や雲っぽいのが目立ってきて5cmで判るようになりました。MAKSY60で火星を観た時に赤道儀が使えていればこれ以上の画像が得られたのに~。とちょっと心残り、、。またゆっくり ...

10/25の18時頃はあまり気流が良くなかったのですが、19時を回った頃から急速に回復してきて特に火星を楽しむことができました。南極冠はまだよく見えており、北極地方も白っぽい雲らしきものがあることが判りました。180倍による眼視では上記写真を若干薄くしたようなイメー ...

今日は日没後少しだけ晴れていましたので、いつものように火星を観察しました。天気が崩れる前はシーイングが良いと言われていますが、その通りで、今シーズン5cmによるベストの像を楽しむことができました。大シルチス等大きな地形のみならず細かいものや北極付近の雲っぽい ...

↑このページのトップヘ