カテゴリ: 5cmで惑星観察

昨夜は雲が多かったのですが、時折顔を出す火星は5cmの眼視でも充分に大きな模様を確認できました。写真の左下に大シルチス、その上にヘラス平原、中央やや右上が子午線湾ですね。180倍でも像が破綻することなく、よく見えていました。薄雲越しに星団や月の観察もしたので、 ...

今回作った5cmF10は期待以上の素晴らしい解像度を示してくれています。 昨夜のシーイングは6/10でまずまずといったところだったのですが、火星の地形の詳細が180倍で結構がわかり驚きました。 写真右側がオーロラ湾の端っこ、中央が子午線湾、左に夕暮れを迎えた大シュルチ ...

昨夜22時頃、東の空を見ると雲間に火星と月が見えた為、すぐに5cmF10反射を向けました。 火星はあまりの気流の悪さでピントが合っているか否かわからない状態。 極冠と東西に走る大きな地形くらいしかわかりませんでした。   その時月はまだ高度が15度。加えて薄い雲が ...

5cm反射のNext Stage Step2試作が完了したので早速木星、土星、月を観ましたが、気流、透明度があまりに悪く鏡換装の効果は見出せませんでした。   で、本命の火星は、、。   風の影響を受けない自宅の部屋から深夜にチャレンジして驚きました。 180倍で大物の地形が ...

昨夜はシベットさんご推薦のIR-Cut Filterを使ってCMOSカメラによる撮影実施し、ようやくまともな火星像を得ることができました。気流が凄く良かったので106倍の眼視でも模様の詳細がよくわかりました。下の写真はAbbe Barlowを付けて焦点距離を600mmにして写したものを結構 ...

昨夜は気流がそれほど良いわけではありませんでしたが、木星を107倍でじっくり観察していると大赤斑に大接近したBA(永続白斑)や複数のフェストーン、細いベルト等の模様も把握できました。ASI462MCを覗かせて撮った写真がこれ↓写真としては上質ではありませんが、小さな模 ...

火星の自転周期は24時間37分。一方地球は23時間56分ですので、地球が一回転(360度)する間に火星は約350度しか回わりません。ですから毎日同じ時刻に火星を観察すると前日に観ることができなかった約10度分の模様を観ることができます。最近は火星の高度が30度近くになる深夜0 ...

8/2(日)はネオワイズ彗星に続いて木星、土星、月を観察し、その後火星を観ました。今回はその時に撮った火星の写真を掲載します。まだ高度があまり高くなく気流はかなり悪かったです。 現在の火星の明るさは-1.1等。木星は-2.7等ですから明るさの比は2.512^(2.7-1.6)=4.37一 ...

8/2(日)はネオワイズ彗星を見た後、バスケットボールのシュート練習で汗を流して時間を潰してから惑星と月の観察をしました。今回は木星と土星を5cm反射で観察したレポートを報告します。まずは木星。Hi-Or2.8mm(107倍)で観察しました。赤道帯の2つのベルトのうち、上の写真 ...

深夜の火星は結構面白かったです。シーイングはいま一つでしたが、像が止まった瞬間に以前より小さくなった極冠と黒っぽい模様がくっきり。この写真より眼視の方が黒っぽい模様の諧調が豊富でした。ニコン1で動画を撮り、3452フレームから50%をスタックしました。火星は部屋 ...

先週金曜日の夜、彗星の出を待っている間に雲間の火星を観察しました。ひっきりなしに低層及び高層の雲が通過するという落ち着かないコンディションでしたが、たまに訪れる"Golden Opportunity(絶好の瞬間)"に107倍で極冠と中緯度の黒い模様を捉えることができました。写真は ...

今朝は久しぶりに晴れたので、さっそく金星の捕獲にチャレンジ。太陽でピントを合わせ、高度計導入であっさりGetできました。金星よりやや右側に太陽がありましたので、窓の右側のカーテンを使って遮ることにより、安全かつ超快適な金星観察ができました。写真はいつものニコ ...

今朝の金星です。視直径がとうとう50秒を超えました。双眼鏡でも楽勝ですね。雲があったので肉眼チャレンジしましたが透明度が低かった為駄目でした。6/4の内合まで2週間とちょっと。太陽からの離角は25度になりましたが、まだまだ余裕で手動導入できます。次の土曜日は離角 ...

Nostalgia企画はまだまだありますが、今回はちょっとお休み。昨日の金星です。いつものように午前中に観察しましたが、気流の状態が悪くてショボい写真になってしまいました。ずいぶん細くなりましたね。視直径は48秒。木星の大きさを超えました。距離は0.34AU。最大光輝の時 ...

今日は金星の最大光輝の日。-4.5等級。地球からの距離は0.45天文単位です。正午頃に雲間から僅か5分ほどの観察でしたが、写真も何とかGetできました。これから6/4の内合に向けてどんどん地球に近づいてきます。因みに内合の時の地球からの距離は0.29天文単位です。大きさも37 ...

↑このページのトップヘ