カテゴリ: 惑星

昨夜、火星のヘラス平原がやたら明るいと思っていたらどうやら黄雲が流れていたようですね。月惑星研究会等のレポートにより確認しました。画像をネットにアップするまで他の人の作品を見ないようにしていました。先入観があると面白くないので、、。まだまだ小口径でも楽し ...

写真は11/23の火星です。視直径が16秒も切りましたね。ここのところ、急速に小さく、そして暗くなってきています。気温はあまり低くなかったのですが、もうすっかり冬の気流状態になっている為、地形の詳細把握が困難でした。でも大シルチスとその南部の明るく見えるヘラス平 ...

昨夜は気流の状態が最悪でしたが、これまで継続観察してきた火星を我慢して観察しました。180倍で見ると、いきなり大シルチスが、、。そしてそこから西方向(?)に伸びるSinus Sabaeusもわかりましたがそれより先の地形は薄くて把握が困難でした。やっぱりDustが広がっているの ...

最近ずっと天候が安定しており、火星の継続観察ができています。今日は気流が悪くないのに南極冠の周囲や子午線湾等の地形が見難くなっていました。写真左側にある大シルチスはくっきり見えていましたので、Dust Stormが拡散しているのではないかと思います。口径5cmによる低 ...

火星の視直径はとうとう17秒を切ってしまいましたが、まだまだ楽しめています。今日は2つの時間帯で観察、記念写真撮影をしました。ちょうど大シルチスから子午線湾のあたり、、。品質が揃っていない、いまいちの写真ですが自転の様子はわかりますよね。右側の火星の右上付近 ...

本日も部屋から火星の観察。薄明中は相変わらず気流の状態が良いですねえ。じーっと観ているとDust Stormがこちら側に回ってきている感じがしました。Stormがあると思われる位置が周りより明るいのです。上の写真はいつものシステム(5cmF10反射+ASI462MC)で撮影したものを無 ...

昨夜は今シーズンで3本指に入るくらい安定した気流状態でしたので、17秒にまで小さくなった火星でもいろんな地形を5cmで確認することができました。18時頃から観察開始し右端に明るい部分があることを発見。それが自転で中央に近づいてくると一昨日より南の方(下の写真の上 ...

大阪に家族が集まる用事があったので、そこでMAKSY60を長男に渡すことにしました。ついでに梅田(大阪のど真ん中)のホテル部屋(32階)から天体観察を実施。最初に観たのは木星。ぶ厚い窓ガラス越しですが、ガリレオ衛星が37.5倍でくっきり。バローレンズを付けた75倍で縞模 ...

今日も5cmで火星観察。180倍で観ていると、一昨日と地形の見え方に違いがあることに気がつきました。これまで見たことが無い地形、、。で、写真を撮ってみると、、。11/13の火星像には中央やや左に明るい楕円形がありますよね。11/11もほぼ同様な中央経度なのですがそういう ...

昨夜は一昨日より気流の状態が良く、火星の観察が楽しかったです。MAKSY60を使っての写真がこれいやあ6cmとは思えないほどよく写っていますねえ。眼視でもしっかり見えていました。大きさが19秒ほどになりましたが、小口径でもまだまだいけますねえ。 ...

昨夜、First Lightを済ませたMAKSY60にはツアイスサイズ用の天頂ミラーが付いています。安価な望遠鏡では当然のことですよね。しかしMAKSY60には高高度観察用部品がもう一つ付属されているのです。それはアメリカンサイズ用正立天頂プリズム。私はこの正立天頂プリズムが無か ...

昨夜は名古屋で用事があったので、ついでに岐阜の自宅に戻り45cmで月と火星の観察をしました。火星は大きくなりましたねえ。400倍で細かい地形がよくわかりました。先日5cmで写した時に近い位相。オーロラ湾や北側のにリアクスコ等の濃淡が凄いです。ただ、フィルターを持っ ...

東京に戻り、いつもの公園に久々に20cm重箱ドブを持ち込み、木星・土星の観察をしました。昨夜は気流、透明度が良いこともあって、Leica Zoom with Abbe Barlow (120倍~240倍)の200~240倍の範囲で本体の模様を楽しむことができました。公園は短い草が茂った地面なので、昼 ...

この一週間はずっと天気が良かったので、毎日6時間くらいバルコニで45cmを通して天体と戯れました。日没後すぐはアンタレス。夏は伴星もよくわかります。そして木星、土星を3時間くらいかけてじっくり観ました。(印象的だった天体その1、その2はこの2つの惑星です)下の写真 ...

昨夜は岐阜の自宅のバルコニから45cmで様々な天体を観察しました。まずは木星。気流はメロメロで良い瞬間でも300倍が限度。写真はニコン1でのコリメートですが、眼視ではこんなに寝ぼけた像ではなく、SEBが2重に分かれてうねうねし、大赤斑の後方(右側)で急に暗くなってい ...

↑このページのトップヘ