light_bucket_18のblog

タイトル写真はGriffith Observatory @LA

カテゴリ: 天文小物

前回紹介した東京ゲートブリッジの星景写真は若洲海浜公園から写しました。この公園、東京湾に突き出していることもあって景色が素晴らしいのです。その一つが港区・品川区の夜景。スケール感があって海による光の反射が印象的ですね。iPhone12 Pro Maxによる手持ち撮影です ...

昨年末に自転車を購入しました。重量8kgの折りたたみ自転車、RENAULT ULTRA LIGHT7 TRY163です。人生初ルノー(笑)ルノーの超軽量自転車は14インチのモデルが多いのですが、自由が丘の専門店で色々試乗させてもらった結果、16インチの方がより快適でしたので、こちらに決め ...

iPhone12 Pro Maxの魅力を紹介するシリーズ最終回はこの画像から先日45cmを使ってコリメート撮影したM47です。僅か1/2秒の固定撮影。ISOはオートですけど12500まで上がっていました。肉眼最微光星はそらし眼で頑張って3.0等級。冬の大三角の中に一つも星が見えなかったのにな ...

iPhone12 Pro Maxによるコリメート撮影の第3弾です。今日は肉眼微光星2.0等級の東京の自宅から5cmF6を使って試してみました。まずはM45。WideField24mm(12.5倍)の眼視で楽しんだ後、アイピースを入れ替えてコリメート撮影。画質は高くありませんがまあまあ見た感じに仕上が ...

前回は45cmの固定撮影結果を紹介しましたが、今回は部屋の中からMAXSY60 (6cmF12.5マクカセ)を使ってのiPhone12 Pro Max コリメート撮影結果です。下の写真はM47。露出1秒。ISOは8000です。肉眼で3.0等星までしか確認できず、ファインダでもM47が2個しか見えなかったにも関 ...

写真は昨夜iPhoneでコリメート撮影したNGC3242 木星状星雲です。45cmドブにMAKSY60付属の接眼レンズとスマホアダプターを付けて写しました。露出は1/2秒、ISO12500。5秒間のナイトモード。トリミングをしていますが、二重構造がよくわかりますよね。中心星も見えているような ...

久しぶりに長男に渡したMAKSY60を覗きました。(長男が望遠鏡を持って帰省したので)三脚は長男がカメラ屋で調達した4000円ほどのSLIK製。一見華奢ですが小さなMAKSYには問題なく使えます。残念ながら曇りで星が見えなかったので夕暮れの地上の風景を見ましたが、やっぱりい ...

先日の岐阜の自宅での45cmによるM42のコリメート撮影結果がこれ(ガイド無しの手持ち撮影)露出各1/2秒のナイトモード(3秒分の撮像の合成)。データによるとISOはなんと10,000。流石に絵画のようになりましたが、追尾もせず手持ちでここまで写せたのは凄い。この時の倍率は1 ...

用事があった為、岐阜の自宅に戻りました。夜になって月が見えてきたので45cmをバルコニーに出したのですがすぐに曇ってしまい、少ししか観察できませんでした。仕方が無いので5cm反射を45cmのテーブルに載せて"親ガメ、子ガメの記念写真"をiPhoneで実施。ナイトモードで3秒 ...

iPhoneもようやくカメラがまともに使えそうになってきたのでiPhoneXから12 Pro Maxに機種変更しました。色は新たに追加されたパシフィック・ブルーです。アメリカ人の多くは太平洋が深い青、大西洋がエメラルドグリーンみたいな感覚のようで、このiPhoneは深い青色がとても綺 ...

一昨日の銀河観察の時にストロー式のファインダで天体を手動導入するのは骨が折れました。ASI462MCを使うと視界が30分程度になってしまうこともあって、、。そこでティッシュの箱を丸めたファインダーベースを作製し、カメラに等倍ファインダを取付けてみました。これでフル ...

昨年の双望会同窓会で重箱ドブを披露した時、ゆすらこさんから重箱に沈金か蒔絵を施すことを薦められました。その時は何のことだかわからなかったのですが、今年2月に石川県で沈金体験をさせて頂きイメージは掴めました。写真はその沈金体験の時に作成したプレートです。今は ...

天気が悪くて天文も写真もスポーツもできないので、これまでに5cm反射望遠鏡に使ったアイピースの倍率と実視界をグラフ化してみました。話が細かすぎて理解が難しいと思いますが、自分の頭の整理の為ですのでご容赦ください。これはエクセルで作成しました。横軸(水平軸)は ...

合計5回の塗装が終了しました。これまでの明るい紺色があまり好きじゃなかったので、黒を混ぜてみたのがこれ↓(このうるし風塗料は混ぜることができるので自分で好みの色を作れます)落ち着きと質感が出てきました。次の工程は水研ぎ、コンパウンドによる研磨ですが、その前 ...

初回塗装及びサンディング後に2回塗装を施しました。このうるし風塗料は水性で1時間以内で乾くので取り扱いはとても簡単。手に付着しても楽に落とせます。刷毛でラフに塗っただけですが、初回後に比べてずいぶん艶が出てきましたよね。剛性は充分なレベルですが、まだ塗膜が ...

↑このページのトップヘ