カテゴリ: 天文小物

合計5回の塗装が終了しました。これまでの明るい紺色があまり好きじゃなかったので、黒を混ぜてみたのがこれ↓(このうるし風塗料は混ぜることができるので自分で好みの色を作れます)落ち着きと質感が出てきました。次の工程は水研ぎ、コンパウンドによる研磨ですが、その前 ...

初回塗装及びサンディング後に2回塗装を施しました。このうるし風塗料は水性で1時間以内で乾くので取り扱いはとても簡単。手に付着しても楽に落とせます。刷毛でラフに塗っただけですが、初回後に比べてずいぶん艶が出てきましたよね。剛性は充分なレベルですが、まだ塗膜が ...

収納箱へのうるし風塗料の1回目の塗布が完了しました。今回は試しに藍色!!密度の低いバルサ材に塗料が染み込み、今はまだ艶も何もないただの箱状態です。子どもの工作レベルですよね。でも剛性はかなり上がっています。この後400番のサンドペーパーでサンディングしました ...

今回は重箱の上段の箱に合わせて蓋の製作をしました。まず側壁として幅20mmの板を切り出し、上段の箱の内壁の外側に沿って配置しました。(下の絵に矢印で示した手順①)この配置の仕方は上の絵に示すように大きく分けて2種類の方法(コンセプト)がありますね。a.縦部材2本を横 ...

製作中の重箱に上段の側壁を追加しました。これで蓋を除いた組立が完了です。上段には5cm望遠鏡の本体及び接眼鏡とカメラ(ニコン1)、雲台、カメラマウント等が収納されます。今後は蓋の製作及び丁寧な全体のサンディングを進めていきます。そしてうるし風塗料の塗布、、。 ...

箱作りは順調に進んでおります。今日紹介するのは上段の側壁モノづくりには基準面の設定が重要です。基準面は側壁の内側だったり底板の下部だったり、、。で、この重箱の場合は側壁の外側の面です。この面が上下の箱で面一(つらいち)にならなければ気品が保てません。その ...

箱作りは順調に進んでおります。今回は下段の箱の側壁を2重にしました。もともとの側壁より3mmだけ長い板を少しずらして貼っただけですが、、。この箱をひっくり返して底から見るとこんな感じ底板の厚さはそのままで側壁の板厚を2倍にしただけで強度・剛性はかなり高くなりま ...

これまで紹介してきましたように自作の5cm反射望遠鏡は卓上経緯台/赤道儀に載せて運用しています。また、イーソス等大型の接眼鏡対応で、コンパクトなミラーレスカメラ、ニコン1によるコリメート撮影も可能となっております。2日ほど前に5cm反射望遠鏡に関するすべての部品( ...

先日紹介した5cm反射の接眼鏡収納用小箱が完成しました。目論見通り光沢を出すことができてとっても嬉しい。剛性もかなり上がりました。先回紹介したのがこれ↓ですからずいぶん変わりましたよね。「鎌倉赤」といううるし風塗料を塗っては水研ぎ用の紙やすりの400番、1000番 ...

最近、天気が悪いので小物の製作に走っています。今回は5cm反射用接眼鏡用小箱(あえてカタカナでの表記を避けました)を作り始めました。材料は1mm厚のバルサ材ボールペンのペン先でも切ることができるほど柔らかい素材です。これを木工用ボンドで組み立てました。大きさは6 ...

ゆすらこさんが使っていたStargazing Notebookに惹かれて私も購入。(彼女は星狩ノートと呼んでました)そして先日から観察結果をこれに記すようになりました。ノートは1000円ちょっとでそれほど高くないのですが、写真の奥に写っているスタンプが4000数百円もします。でも楽 ...

アイピース収納といえばアルミケースが定番ですが、私は米国で購入した木製のものを使っています。塗装、木目の感じが45cmドブ、主鏡運搬ケース、椅子とほぼ同等ですので私のお気に入り。双望会では毎年、10数名の方が絶賛してくださっており、今年も一部の方にウケましたの ...

もうすぐ双望会同窓会。このイベントは状況が他と少し異なります。・望遠鏡や機材、机等が100台以上並ぶ・明るい室内での夕食後に真っ暗な外に出て行く。・宿泊のイベントなので酒に酔った人が出歩くことがある。物がたくさんあるところを目が充分に暗順応していない人または ...

前回の続きで、今回はJerry Oltionお薦めの初心者向けアイピースの紹介です。写真は2011年のオレゴン・スター・パーティで自作望遠鏡を紹介するJerry。この時私も少し彼とお話しさせて頂きました。まず、アイピースのHobby Killerはずばりハイゲンス。1660年代に開発されたク ...

数年前に2014年から2019年までの月の秤動(首振り)状態を示すエクセルのグラフを紹介しましたが、判り難いので、今回エクセルのVloookupと三角関数の機能を使って作り直しました。上の図で青い丸の集合体が月が首振りしていない状態での月の縁を示し、オレンジ色の丸が2019 ...

↑このページのトップヘ