カテゴリ: 日食・月食

本日早朝の半影月食は雲の為に確認することができませんでした。夜半までは雲が無く透明度も良かったので、Noctivid 8x42で観察することを楽しみにしていたのですが、、。悔しいので2009年2月にシアトルで見たものを載せておきます。今回のとは月の経路が異なりますね。当日 ...

部分日食とは太陽の前を月が横切っていくという現象。 地味でゆっくりとした動きなので、歩いて5分の中川(荒川の支流)の河川敷に行ってベンチに座り、休日の朝にそこを訪れる方々の様子を眺めながらゆったりとした時間を過ごしました。 上の写真をご覧になればわ ...

今晩は透明度がいまひとつでしたが、気流の状態がかなり良かったので昨日同様楽しめました(昨日同様400倍以上で)。 最初に気が付いたのが月の近くの恒星。Sky Safariによるとd1 Cnc(かに座)で明るさは5.9等でした。 Nikon1でコリメート撮影したのですが、恒星が暗くあ ...

先日の皆既月食の細かい記憶を備忘録として掲載します。 当日は19時半頃帰宅。すぐにバルコニーにポタ赤を出して極軸セッティング。その後部屋に入って夕食、お風呂と家族との団らん。 20時40分頃にカメラを持ってバルコニーに出て試し撮り。1時間前と全く異なり雲が広 ...

"赤銅色"、、、皆既中の月の独特な色を示す言葉。 スペシャル感があるだけでなく、わかりやすいのでこの数日はマスコミも多用していましたね。 もちろん月の色を指す専門用語ではなく、日焼けした肌を指すことも多いです。 赤銅色って、国立天文台が今回実施中のキャン ...

今晩は帰宅後すぐにカメラとポタ赤をバルコニーに出してタイムラプス撮影をしました。3分間隔で9回の無人撮影。 その間にお風呂に入って温まりました。 それを重ねた写真がこれ↓星の動きに合わせて追尾しているので、このブレは月の星に対する相対的な動き(月の公転:1時 ...

先日紹介しましたように皆既月食と地上構造物を同時に撮影するにはその構造物の高さを1.73で割った距離から狙うと良いです。 スカイツリーなら634÷1.73=366mのところだとスカイツリーの先っぽに月が並びます。 高さが20mのお寺の屋根と一緒に写すならカメラの位置を地面か ...

皆既月食を地上の風景と一緒に写すと個性的かつ印象的な写真になりますよね。 しかし今回の月食は比較的高度が高いので(色等の観察には良いのですが、)風景と一緒に撮るのはそれほど簡単ではありません。 月食まで10日に迫りましたので、効率的に撮影地を決定する為の ...

1/31に久々に皆既月食が見られますね。   私は自宅で45cmを使って月の色の変化を楽しむ予定です。 最近はターコイズ・フリンジという現象が話題の中心になっていますが、ある幅がブルーに見えるという先入観は捨てた方が良いと思います。 先入観があると他のものが見え ...

昨夜もそうでしたが今晩も月が星の多いところを通ったので、掩蔽がたくさん観られました。 写真はNikon1 コリメートで軽く写した記念写真。 9.35等と10.4等ですが、固定撮影(追尾無し)にしてはよく写っていますよね。 眼視では透き通った感じの月に次々に星が吸い ...

Eclipse Megamovieチームは7年後の北米皆既日食に関する話を既に始めております。 簡易赤道儀で追尾すべきとか、400~500mmクラスの望遠レンズが好ましいとか、いやそれだと飛行機で運ぶのが大変だとか、、。 みんなで知恵を出し合ってより良いものを作ろうという意気込み ...

本日Eclipse Magamovie Projectからピンバッジが届きました。 超うれしい!! 500円玉を一回り大きくした感じで重厚感があります。 送料が10ドルちょっとかかったようですが、我々に請求はありませんでした。 Googleがスポンサーになっていたとはいえ、太っ腹ですねえ ...

一昨日はEclipse Megamovie TeamのWebinar(Webを使ったリアルタイムセミナー)が開催されました。 天文学のPhD(博士号)を持っているLauraさんの司会で天文学者やGoogleのエンジニア、アマチュアの天文ファンなど多数が参加し、日食の結果の報告と意見交換を実施しました ...

本日、Eclipse Megamovie ProjectからCertificate of Participationが届きました。 当プロジェクトの参加者は1,270名で、8月末の時点で541名から37,000点以上の写真が集まりました。 現在公表されているMegamovieはバージョン0.6(Preliminary版)ですので正式版の早 ...

日食を観たマドラスには10万人を超える人が集まり、日食の2日前でも道路がかなり込みました。そこで活躍したのが写真のシャトルバス。 夏休みで使用していないスクールバスを利用して市内を行き来する人を運ぶというもの。警察から特別許可をもらっていて反対車線の通行もOK ...

↑このページのトップヘ