カテゴリ: オレゴン・スター・パーティ

今回はObserving Challenge Level2(中級)とLevel4(写真撮影)に挑戦しました。 写真は夕方の水星からISSや流星、明け方の火星や月を捉えなければならず、かなり厳しいものでしたが、ノルマである10個中8個の写真撮影をLevel2の14枚のスケッチとともに2日目の夜半前に完了 ...

今回、究極のトラス望遠鏡を見ることができ、感動に震えました。 上の写真はTelescope Walkaboutでのひとこま。 製作者の名前を聞き洩らしたのですが、ベテランの自作好きの人のようです。 トップリングから途中の水平部材(小さな径の鉄パイプ)まで伸びている8本 ...

既報の通り、今回は流星をたくさん目撃。特に12日の夜は、ペルセ群の輻射点が低い夜半前からたくさん流れました。 Observing Challengeのスケッチをする為、望遠鏡に噛り付いている私でもふと顔を上げた時にいくつも目撃。平均して1時間に10個以上見かけたでしょうか。Civet ...

今年のOSPの様子を最も表現している写真がこれ↓ Nikon D3s 24mmF1.8で30秒の固定撮影。ISOは6400。 写真右下の虫眼鏡をクリックして拡大してみてください。 Dave PowellのA Stroll through the Night Skies(夜空を散策しましょ!)というプログラム中のものです。 ...

本日、OSP(Oregon Star Party)から帰ってきました。 Chrisの望遠鏡の進化、ストリングドブ理論の発表、Civetさんのプレゼンには脱帽。 超活発なペルセ群観察、私のObserving Challengeも大成功し、これまでで最高のOSPとなりました。 下の写真は大きな円陣を組んでみんな ...

いよいよ今週はオレゴン・スター・パーティ。 全てのパッキングは終了し、あとは車に乗せるだけ。 明日は日本から一緒に参加する方を拾ってシアトル観光。博物館やボーイング製造現場ツアー、野球を見たりして水曜の朝に出発です。 天気は晴れで水曜と木曜は時々曇 ...

OSPまであと一週間。 今回はテントで過ごすことにしたのですが、数年前に使ってから広げていなかったので、確認のためにリビングで組み立ててみました。 コールマンの6人用テント。中央部で高さが180cmくらいあり結構快適です。 組み立て時間も一人で10分ほど。ロープ ...

OSPでは様々なゲスト・トークがありますが、その中で私が注目しているものの一つがHoward KnytychによるLimiting Magnitudeという講演です。 空の状態を伝えるために肉眼で見える最微恒星を示すことがありますが、皆さんはどのようにして測定していますか? 何年も前 ...

OSP Observing Program中級のリストを以下に示します。 26天体中、14個以上(うち銀河のペアを1つ以上)観察し、記録を残すとPinバッジ取得の権利がもらえます。 (私はこのリストの天体の中でHickson8とIC2003以外は全て45cmで観察したことがあります。)   2重星は結 ...

OSPでObserving Programの一つであるLevel 4を達成するためには日没時の高度がわずか8度の水星の写真を撮らなければなりません。 下の写真は昨年のOSP会場で日没20分後に撮ったもの。肉眼のイメージとほぼ同等です。ウルトラ・ライト・ドブの教祖であるMel Bartelsの望遠 ...

今年もオレゴン・スター・パーティ(OSP)にエントリーしました。 シャキールと一緒ではなく、日本からのゲストと行きます。 まずは恒例のObserving Programの紹介から。 下はLevel 4 Astrophoto Listです。 この10アイテムのうち8つの撮影ができればピンバッジ ...

リスが木の遊具の上に登った後、すぐに上方めがけて跳びました。いや本人は飛んでいるつもりだと思います。 少し遠かったのと逆光だったので、露出を合わせることができず、後から補正しました。 それから次は木の上のリス 上の写真は久々にニコン1でGet。 最後 ...

OSP報告の最終回をお届けします。   会場へ行く途中、3000メートルを超える山を幾つか見ました。 そのうちの一つが以下の写真のMount Hoodです。標高は3400m。雪が少し残っていて美しいですね。 山の手前は3年前は焼け野原だったのですが、今は復活して草が生えてきて ...

今回はOSPのTelescope Walk Aboutという機材紹介にエントリーしていたいくつかのドブを紹介します。 Telescope Walk Aboutというのは自己申告制で毎年5つくらいしか紹介されません。したがって必ずしも皆が印象に残ったというわけでもないのですが、説明をしっかり聞く良い ...

OSPには2つの1m超ドブがありましたが、他にも大型のドブを見かけました。 70cmが2台と60cmが4台です。 上の写真はいつも冗談ばかり言っているDan Grayの70cm。モーターで駆動できるようになっています。かなり前に作られたようですが、かっこいいですね。 次はHawar ...

↑このページのトップヘ