カテゴリ: 重箱ドブ

今回は双望会同窓会で披露した重箱ドブのプレゼン資料と製作経緯を掲載します。自分の備忘録として。まずは製作経緯から。今年の初めに安くて手軽に使えるコンパクトなドブを誰かが売り出さないかな?と友人と話していました。簡単なスケッチも描きながら、、。でもメーカー ...

シアトルから帰った後、着替えもせずにそのまま公園に20cmを持って行って月を観察しました。気流はこの時期にしてはまあまあ。鏡の温度順応がいま一つでしたが、上の写真よりもくっきりと地形が見えていました。本日の秤動は以下の通り。月の東側がこちらを向いています。で ...

今日は雲間から月が見えたので、部屋の中から厚い窓ガラス越しの月の観察をしました。興味深かったのが欠け際の直径125kmを超える大型のクレータ2つ。CleomedasとEndymionです。気流がよくないのに加えて厚いガラスが解像度をかなり落としていますが、存在感がよくわかると思 ...

以前より私は「望遠鏡で星の観察をする時は頭がふらつかないようにすることが大切」だと力説しており、地面に立てた棒にもたれておりましたが、先回の某同窓会で顎を何かに載せるとイイよということをお聞きしたので、今回作ってみました。それがこれ↓100円ショップで購入し ...

重箱ドブ及び自作椅子の各パーツは基本的に接着構造で、念の為に細い隠し釘等で補強しています。この接着部に剥がれがあるとまずいので、定期点検は必須。その際に有効なのが、コインタッピング検査。写真のように10円玉を手にして部品の5mmくらい上方から手を放して部品に落 ...

天体手動導入には良質なファインダが欠かせません。特に空の明るい所では、、。等倍ファインダが好みという方も2等星もまともに見えない空ではうまく使えません。一方6x30mmといった小さいものでも結構役に立ちますよ。という訳で重箱ドブに取り付けているのが写真の30mmファ ...

昨夜はラグビーサモア戦の前に公園で月の観察をしました。半月の頃ってクレータ群が派手で楽しいですね。その中でくっきりと見えたRima Ariadaeus(有名なRima Hyginusの東側)が印象的でした。そのあたりから北側の地形がユニークで見飽きませんね。下の写真は寝ぼけていま ...

先日完成した椅子と重箱ドブを公園に持って行き、月の観察をしました。自作した椅子は剛性が高くて快適です。しかも何といっても座面の高さが無段階に変えられるのでとっても便利。ただ、気流が悪くて詳細の観察が難しかったのと、蚊の集団攻撃にあって集中できなかったのが ...

昨日、壊れたところに小さな角材(廃材)を接着し、再度勢いを付けて座ってみたところ、問題は生じませんでした。補強材は繊維の方向をき裂と直角にしました。片方の補強材にはピンが殆ど刺さっていないことから荷重は壊れた本体が未だに受けているようです。その証拠に本体 ...

椅子の製作記事執筆中ですが、今日も夕方に木星と土星を駅前の公園から眺めました。写真はドブの運搬状態。サイドベアリングを外してキャリーボックスに入れ、コロコロ転がします。アイピース等の小物はドブの内部に入れています。右手でキャリーボックス、左手にバスケット ...

昨夜は0時を過ぎるとすっきり晴れたので、公園に出かけて満月と星雲星団を眺めました。まずは南中を過ぎた月。欠け際である北東がよく見える秤動でもあったので端っこのクレーターが結構面白かったです。シーイングはあんまり良くなかったのですが。普段はプラトーの北側など ...

昨夜は夕暮れに木星と土星を観察しました。機材はもちろん重箱ドブ with キャリーボックスバネによるバランスシステムはアメリカンサイズの小さいアイピースしか成り立たないので、少し重いライカズーム(倍率は最大230倍)使用の場合は先日紹介した一脚によるサポートを追加 ...

重箱ドブはコンパクトかつ軽量ですが接眼部が低い為、低空の天体の観察が大変です。そこで折り畳み式のキャリーボックスの上に載せて運用することにしました。上の写真が運搬及び天体観察状態。一見無造作にボックス天板の上にドブを載せているだけのように見えますが、天板 ...

またまたチープな工作、スマホ・アダプタです。先日製作したニコン1用のものに一つ部品を追加しました。上の写真の手前の部品です。取付けた状態はこれ↓今日も月が見えていたので公園に行きましたが、雷雲がやって来たので、充分な観察ができずに撤収。バスケのシュート練習 ...

先日製作した木製のコリメート撮影用アダプタに重い2インチのアイピースを嵌めて持ち上げても問題ありません。(写真は空中に持ち上げている様子を撮ったのですが、床が写っていないのでよくわかりませんね。すみません。)黒いネジが写っていますが、それらはアダプタ同士を ...

↑このページのトップヘ