light_bucket_18のblog

タイトル写真はGriffith Observatory @LA

カテゴリ: 月面

今日は満月でしたが、南部はクレータが見えていましたので、そのあたりを中心にいつものように窓ガラス越しの月の観察を行いました。気流はいま一つでしたが、時折止まった瞬間にBailyの全景が見え、しかもその奥に2つほどクレータが見えていました。Wikipedia Commonで調べ ...

薄明時の火星に続き、月の観察時も気流の状態が良く、見どころ満載の半月を堪能できました。南部の欠け際はClabiusをはじめとしたおびただしい数のクレーターがあって一つ一つ見て行くのが楽しかったです。また、下の図のように月の南西がこちらを向くような秤動状態だったた ...

久々に重箱ドブを公園に持って行き、落ち着いて天体観察をしました。このドブは接眼部があまり高くないので、キャリーバッグの上に載せています。運搬はキャリーバッグの中にアイピース等を入れた小型クーラーバッグや折り畳み式椅子等を入れ、その上に望遠鏡を載せたたまま ...

昨夜は久しぶりに月の観察。気流が大変悪かったのですが、像が止まる瞬間(Golden Opportunity)を我慢して狙った結果、何とか月の裏側に位置するクレーター2つを確認することができました。(下の写真参照)天体観察する時はいつも事前情報を排除するので、月を望遠鏡で見た ...

昨夜は月の高度が高くなるにつれて気流が良くなってきたので、主にEthos8mmの93倍で月を楽しむことができました。像が止まった瞬間にクレーターやリンクルリッジ、直線壁等がしっかり見えていました。なかでも良かったのが欠け際で夜を迎える巨大クレーターのJanssenです。時 ...

先日fmasaさんに見せてもらったMAKSY60を買っちゃいました。ついでにファインダも購入し、左眼で覗けるよう取付位置を変更してからFirst Lightもちろん部屋の中からです。気流がすこぶる悪く、久々に100倍以上が使えないという酷いコンディションでしたが、瞬間的には上の写 ...

ペルセウス座流星群に注目されている人にとって邪魔者の月ですが、私は昨夜、500倍オーバーで3時間以上も大迫力の月面を見続けました。常に雲量が5~9くらいで月が隠されることも多かったのですが、気流はそれほど悪くなかったので見どころ満載でした。大好きなコンセントリ ...

今夜は月と、水星と金星の会合。バランスよく三角形を形成していました。これら3つの写真はネット上に結構出回ると思うので、私はスカイツリーを加えてみました。私の住まいからの撮影です。久々にコンデジP1000で月の写真も撮ってみました。低空だったけどよく写っています ...

昨夜はラグビーサモア戦の前に公園で月の観察をしました。半月の頃ってクレータ群が派手で楽しいですね。その中でくっきりと見えたRima Ariadaeus(有名なRima Hyginusの東側)が印象的でした。そのあたりから北側の地形がユニークで見飽きませんね。下の写真は寝ぼけていま ...

先日完成した椅子と重箱ドブを公園に持って行き、月の観察をしました。自作した椅子は剛性が高くて快適です。しかも何といっても座面の高さが無段階に変えられるのでとっても便利。ただ、気流が悪くて詳細の観察が難しかったのと、蚊の集団攻撃にあって集中できなかったのが ...

昨夜は0時を過ぎるとすっきり晴れたので、公園に出かけて満月と星雲星団を眺めました。まずは南中を過ぎた月。欠け際である北東がよく見える秤動でもあったので端っこのクレーターが結構面白かったです。シーイングはあんまり良くなかったのですが。普段はプラトーの北側など ...

昨夜は透明度が最悪で月が常にオレンジ色でしたが、気流がそこそこ良かった為、350倍超で主に月の縁付近を観察しました。最初に眼に飛び込んで来たのが下の写真のクレーターGaussです。ニコン1コリメート法で撮影。Gaussはドイツの数学者、天文学者でガウス積分とかガウスの ...

昨年から見たいと思っていた日本人の名前が付いているクレーターHirayamaをようやく観ることができました。 このクレーターの場所はMare Crisiumの奥のMare Smythiiのところにあり、月の裏側に3.5度ほど入っています。 ですから通常観ることができず、秤動によってこ ...

今朝の細い月 P1000をバルコニに持ち出しフルサイズ1600mm相当で撮影しました。(超お手軽撮影) 月齢27.6。 日の出の12分前の撮影です。 この時刻よりも90分以上前にスタンバイしていたのですが、東の空には木があって月や木星があまりよく見えない時間が続きました。 ...

今晩は雲がかかっていましたが、気流の状態が良かったので月や木星を400倍以上で眺めることができました。 強風の為、木星の細かいところはあまり捉えられませんでしたが、EQ(赤道帯)あたりの模様の変化が興味深かったです。 月は私のお気に入りのStöflerとFaraday ...

↑このページのトップヘ