カテゴリ: アステリズム

バルコニーから見える範囲でNIkon1で写真を撮ったら偶然ミニカシオペアを捉えていました。 結構可愛いですよね。 これだけでは淋しいのでアマチュアの望遠鏡で見ることができる最遠の天体(128億光年)であるクエーサーの位置も表示してみました。14等級台ですので、 ...

久々の天文ネタです。 今日、紹介するのはきりん座のアステリズムであるKemble's Cascadeです。日本では"ケンブルさんの滝"と訳されることが多いですね。 私は滝と訳すのに違和感があったので、英語の辞書で調べてみました。 Cascadeというのは確かに一般的なWater ...

光害の強い自宅で撮影したアステリズム第4弾はぎょしゃ座のSmiley Faceです。 この写真はD3sで撮りました。 顔が逆さになっていますが、わかりますでしょうか?左目の下にしみのようなNGC1907散開星団があります。 このアステリズムは大きいので、双眼鏡でご覧くださ ...

光害が強い自宅から捉えたアステリズム第3弾はカシオペア座のAirplaneです。 場所はM52散開星団の北隣。 写真ではわかり難いのですが、片側の主翼翼端と垂直尾翼の先が赤い星、もう片方の主翼翼端が青い色の星で構成されており、大変美しいです。 このアステリズムから少 ...

先日、バルコニからM45の写真をポタ赤で試しに撮っていたら木の中に隠れてしまいました。その時偶然Getできたのが標題のDavis' Dogというアステリズムです。 場所はM45とヒヤデス星団の中間の少し北側。110mmF4 ISO 500で2分露出したものをトリミングしています。 ...

今晩は天気が悪くてラブジョイ彗星を撮影できませんでした。 代わりに一昨日に撮影したアステリズム(Engage Ring with Polaris)を掲載します。いつものようにアパートのバルコニから撮りました。 このアステリズムはダイヤモンドの指輪と言われることが多いのですが ...

↑このページのトップヘ