カテゴリ: 天文

天体鑑賞スクールはフィクションです。でも登場する天体は実在しますので機会があったらご覧ください。

 

コーチ:皆さん、宿題は持ってきましたか?

少年A:星まつりの日の昼間、みんなが集まっている時に通だと思わせる一言だよね?

コーチ:そうです。

少女A:じゃあ、あたいから、、。

少年B:あたいって変!!

少年C:そういえば松山千春の曲にあったな。「どちらかといえばブス」ってやつ。たしか1979年、、。

コーチ:古いことをよく知ってるねえ。Aちゃん続けて!
TSP2010

少女A:「えっ、木星ってもう東矩なの?少し前は合だったのに早いねえ」こんなのはどう?

少年B:とーくってなんだ?シェイクシャックの親戚か?

少年AB君強引だな

少女M:わたしシェイクシャックよりIn-N-Outバーガーの方か好き。特にアニマルスタイルが、、。

uto:ボクも、、。はじめてロスで頼んだ時はちょっとビビったな。名前が過激なので、、。

少年A:出た。さりげない自慢。

少年C:さりげないじゃなくてあからさまだよ。

コーチ:Aちゃんの一言はいいですね。専門用語をうまく使いこなしているし、いつも木星に注目している様子がよくわかる。

少年S:こんなのはどう?「この筒、気難しいんだよね」

コーチ:これは凄い。筒というのがさりげなくかっこいいし、気難しいという言葉の裏には素晴らしい個体だけど良い像を得るには条件が揃う必要があるという意味があり、他の筒のこともよく知っていますというアピールも。ずばり上級者です。

少年・少女:パチパチパチ

少年C:「このドブ、何インチ?」

コーチ:これもいいですね。インチを使っている国はアメリカだけなので、いかにもアメリカ製品に詳しい感じがします。ドブといえばアメリカですしね。

少年A:「今日はNGC1535を狙います」っていうのは?

コーチ:最近、ストイックに星の観察に取り組むことをかっこいいと思わず、むしろ引いてしまうことが多いので、例えメジャーなNGCでも言わない方が良さそうです。utoさんのブログの読者が少ないことからもわかるでしょ。

少年C:でもT村さんは双望会とかで難しい天体を紹介してるじゃん。

コーチ:彼は雑誌に執筆するような人だからみんな期待しているのですよ。

少女A:なんだか難しいね。

少年S:そういえばutoさんは双望会の時、椅子とかおちゃらけアステリズムの話をしてみんなの気をひこうとしていたよね。涙ぐましい努力。

uto:げっ、バレてたか?!

少女C:月のアリストテレスの話は?

少年S:月のクレータの多くは海外の人の名前で覚えにくいよね。しかもラテン系は難しいし、、。歳とったおっさん達にはクレータの話題は無理だよね。
少年A:そうか、だからプラトーとかアルプスとかティコといった簡単な名のものが有名なんだ。

少女B:「今日はロイヤルファミリーあたりを流そうかな?」これは?

コーチ:先日のutoさんのブログを見ていましたね。ちょっとオシャレな表現だし、流すという言葉にいつもはがっつり行くけど今日はみんなと一緒に楽しみたいという他の人への寄り添い感があって好感が持てます。

少女A:私も夏の鳥(ワシ、ハクチョウ)たちの中を観ようっと。

少年C:アイピースの話はどう?

コーチ:機材マニアは多いので良いと思いますよ。最近23か月の天文雑誌に目を通しておけばある程度会話について行けます。

少女C:勉強になる。

 

少年B:コーチ、今日の蘊蓄は?

コーチ:じゃあみずがめ座のNGC7252を導入しようか?

少年A:ちいさいなあ。あんまり明るくないし。

コーチ:12等級ですからあまり見栄えしませんよね。でもこれは2つの銀河が衝突しているのですよ。それからAtoms for Peace Galaxyという派手な名前が付いているのです。ハッブル望遠鏡によると原子の模式図に似ているからだそうです。

少女B:でもなぜfor Peaceって言うの?Peaceって平和という意味でしょう?

コーチ:原子というと原子爆弾を連想させるので平和利用ということを強調させたかったようですね。

少年B:で?

コーチ:これを観たイギリスのトム・ヨークが2009年にアトムス・フォー・ピースというバンドを作ったのは有名な話ですね。

少年B:何のひねりもないなあ。俺の生まれる前の話だし。

少女A:生まれてるよっ

 

おしまい。

今日は雲間から月が見えたので、部屋の中から厚い窓ガラス越しの月の観察をしました。
DSC_2414
興味深かったのが欠け際の直径125kmを超える大型のクレータ2つ。
CleomedasとEndymionです。
気流がよくないのに加えて厚いガラスが解像度をかなり落としていますが、存在感がよくわかると思います。
今日はプローゼル20mmのすっきりした像を楽しみました。

ところで車いすラグビーの世界選手権が始まりましたね。
この競技を真剣に観たのは初めてでしたが、ルールが凄く難しくてバスケに似ていますね。バックコートバイオレーションや制限区域のオーバータイムに加えて、プレー中にいつでもタイムアウトが取れるのも米国のバスケと同じです。
しかも難しいのがタイムアウトを取ると時間が戻される場合があるということ。
それは様々な戦略に使えそうですが、素人には理解しにくいですね。

攻撃はバスケでいうスクリーンプレイの連続で防御側はそれを外しにかかるとともに誰かが抜かれた時のヘルプ(カバー)が重要のようです。
そのやり方が超マニアックで、素人さんには何が何だかわからないと思います。
よくわからないうちにフリーになってトライしていたという感想が多そうです。
日本対ブラジル戦は小学生が多数観に来ていたのですが、殆どの子が第2クオーターには飽きてしまっていました。
日本は東京五輪での金メダル候補ですが、メジャーにはなり難そうです。
ただ、障害の重い人も女子も一緒に出ていて、チームの為に懸命にスクリーンをかけに行く姿は感動ものですけどね、、。

そうそう、日本チームのコーチ(外国人)がプレイ中の指示にメッセージボードを使っていました。そしてそこには「ゾーン」とカタカナで、、。ゾーン・ディフェンスをしなさいということでしょうけど、面白い指示ですね。
敵チームの多くの人はそれが理解できないし、煩い体育館内でもしっかり伝わりますし、、。

以前より私は「望遠鏡で星の観察をする時は頭がふらつかないようにすることが大切」だと力説しており、地面に立てた棒にもたれておりましたが、先回の某同窓会で顎を何かに載せるとイイよということをお聞きしたので、今回作ってみました。

それがこれ↓
DSC_2388
100円ショップで購入したクッションの切れ端にドブ製作の時の端材を接着したもの。
端材は雲台のアルカスイス規格のサイズに合わせました。

これを一脚に載せるだけ
DSC_2391
軽いしお手軽です。

以下に示す天体鑑賞スクールはフィクションです。
ただし、紹介される天体等は実在しますので、是非ともご覧ください。

コーチ:え~、今日はKing Open Cluster Catalogについての説明をします。

少女B:キング??

少年B:知ってる、サッカー選手だよね

少年C:それはキングカズ

少年B:中森明菜?

少年S:それは禁句

少年A:外套?

コーチ:それはミンク。A君は難しい言葉知っているなあ

少女M:私にとってのキングは打首獄門同好会のJunkoです

少年A:彼女凄いよね。もう還暦を迎えたってさ。

少年C:打首獄門同好会の音楽性にutoさん惚れまくっているらしいよ。wha-ha-haの♬米と醤油以来の衝撃だって

コーチ:キングカタログを作ったIvan R Kingは米国の天文学者でもう現在94歳なのです
少女C:アメリカのどこの都市の人?

少年B:アメリカの都市で知っているところあるのかよ?

少女C:例えばカンザスシティ

少年S:渋いところついてきたな、ミズーリ州なのにカンザス

少年A:岐阜県神戸町とか滋賀県愛知郡と同じだね。読み方は違うけど。

コーチ:マニアックな話ですね。King氏は現在シアトルのワシントン大学にいらっしゃいます。数年前にutoさんがワシントン大学の教授と交流した時には会えなかったそうです。

少年A:さりげない自慢、、。

コーチ:ところでKing27個の散開星団をカタログ化しました。そしてそのうちの半数がロイヤルファミリーのところにあるのです。
少女B:ロイヤルファミリーって何?

少年B:ロイヤルホストのようなファミレスってこと?

少年C:何のひねりもないのかよ!

少年S:ロイヤルファミリーって王族ってことで星座でいうとケフェウス座(王)とカシオペア座(王妃)、アンドロメダ座(王女)。

少年C:すっげえ、ケフェウス座のKingカタログの星団ってキングオブキングだ!!
少年S:正確にはKings in Kingだよね。

少女AKingカタログの天体ってどんな感じ?インスタ映えする??

コーチ:しません(きっぱり)

少女A:写真見せて!
コーチ:はい、どうぞ。これはKing 1です。

King1
少女A:結構いい感じじゃない!

少年Aでもこれ13等級って書いているぞ!
少年C~っ?それって1005分の1乗の(13-1)乗だから1等星の63095.73分の1だ。暗いなあ。

少年AC君計算早っ!

uto:ブログだからね(汗)

少年S:これを観るには人の眼を口径7mmの望遠鏡と仮定し、空の明るさを無視して6等星が肉眼での限界と仮定すると口径Dmmの望遠鏡で観える星の極限等級は6+5*log(D/7)だから、、、13等星観るには175.8mmの望遠鏡が必要だ!!

少年B:何言ってるのかわかんねえや。

少女Mlogって丸太のことでしょ?

コーチ:今はエクセルを使うと簡単に丸太の計算ができるのです。

少年A:昔はMS-DOS上でロータス1-2-3(ワンツースリー)を使ってたらしいよ。父ちゃんが言ってた。

少年C:ニフティのフォーラムに入っていた人達が一斉に飛びつきそうな話だな。

少女A:コーチ、何故こんな暗い天体を紹介しているの?
少年Aそろそろネタ切れかな?
少女A:きっと最近流行のインスタ映えに乗っかれないからささやかな抵抗しているのね。

コーチ:ロイヤルファミリーは一年中見えるのでメジャーな天体を観るついでに観てください。

少年・少女:は~い。


少年B:ところで今日の蘊蓄は?
コーチ:じゃあ、網状星雲の東側にあるLassell 1を見てみましょう。これはイギリスの天文学者で海王星の衛星のトリトンを発見したことでも有名なWilliam Lassellが見つけた3組の2重星です。こと座にはダブルダブルがありますけどこれはトリプルダブル!凄いでしょ?もっとも明るさは11等級ですけど、、。
IMG_2361
少年C:え~っ?それって1005分の1乗の(11-1)乗だから、、

少女AC君、もういいよ。

少年S:これを観るには口径、、

少女AS君も、、。

コーチ:これを観たマイケル・ジョーダンがNBAのプレイオフでトリプルダブル(得点とリバウンドとアシストが1試合2桁以上)を達成したのは有名な話ですね。

少年B:ほんとかよ、俺が生まれる前の話だし、、。

 

おしまい

重箱ドブ及び自作椅子の各パーツは基本的に接着構造で、念の為に細い隠し釘等で補強しています。
この接着部に剥がれがあるとまずいので、定期点検は必須。
その際に有効なのが、コインタッピング検査。
DSC_2375

写真のように10円玉を手にして部品の5mmくらい上方から手を放して部品に落とし、2バウンドくらいさせてから掴むというもの。
この時の音と10円玉の跳ね方から接着剥がれが判ります。

鉄道のレールとかでもタッピングハンマー等を使ってき裂を確認していますよね。
き裂や剥がれがあると音が低く、10円玉の跳ね返りが悪くなります。

この検査方法はプロが使うこともあって、精度がかなり高いです。材質は炭素繊維、木材、金属等結構なんにでも使えます。

私はこの検査を頻繁に行っています。


天体手動導入には良質なファインダが欠かせません。特に空の明るい所では、、。

等倍ファインダが好みという方も2等星もまともに見えない空ではうまく使えません。
一方6x30mmといった小さいものでも結構役に立ちますよ。

という訳で重箱ドブに取り付けているのが写真の30mmファインダです。
DSC_2367
和風に仕上げる為風呂敷を巻いています。
それから風呂敷で作った可動式のフードも(結構長めです)。

支持台はドブ製作の端材で製作しました。水平面内及び鉛直方向の調整が可能です。

昨夜はラグビーサモア戦の前に公園で月の観察をしました。
半月の頃ってクレータ群が派手で楽しいですね。
その中でくっきりと見えたRima Ariadaeus(有名なRima Hyginusの東側)が印象的でした。
そのあたりから北側の地形がユニークで見飽きませんね。
下の写真は寝ぼけていますが、昨夜は低倍率でも200倍超でもシャープな像を見せてくれました。
DSC_2349a
その他には上の写真の最上方にあるMaurolycus。
丸いクレータなのですが、南側のクレータと重なって達磨のようになっています。
時間の経過とともにこのクレータの中央に点が見え、徐々にCentral Peak(中央丘)が見えてきました。

この日の月はM22の傍にあるということで探しましたが、残念ながら見つけることができず、、。
近くの明るい星(6.6等星とか)は見えていましたが、、。


ところでラグビーのにわかファンが急増しているようですね。通ぶりたい人はレフリーのゼスチャーについて勉強してください。アドバンテージやノックオン、スローフォワード、ノットリリースザボールなど、、。そして笛が鳴った瞬間にそれをつぶやくと通です。

それから攻撃中にスクラムハーフ(9番)がラックの中に巻き込まれている時に「やばっ、ノーハーフだ!」と小さくつぶやくのもイイですね。

自作椅子の強度評価をしてみました。

私は航空機の設計手法しか知らないので、木材の強度評価と合致しているかわかりませんが、基本は材料力学なので、外れてはいないでしょう。
DSC_2312
舌ったらずの表現も多いのですが、あくまで自分の備忘録ですのでご容赦下さい。

Chair_Str0

Chair_Str1a


Chair_Str2


先日完成した椅子と重箱ドブを公園に持って行き、月の観察をしました。
DSC_2336
自作した椅子は剛性が高くて快適です。しかも何といっても座面の高さが無段階に変えられるのでとっても便利。

ただ、気流が悪くて詳細の観察が難しかったのと、蚊の集団攻撃にあって集中できなかったのが残念。
でも土星やその近辺の恒星を楽しむこともできました。
DSC_2334


天体観察の後はいつものようにシュート練習。
あと2kg減量したい、、。

DSC_2312

今回自作した椅子は荷重の受け方が特殊である為、一部の部材には座る人の体重(今後Wと表現します)の3倍もの荷重が作用します。

DSC_2315a

先回紹介した動的な係数3を考慮すると60kgx3x3=540kgfもの力に、、。これは大変です。
星の観察中に椅子が壊れてしりもちをつくなんてことになりかねないので、BoeingやAirbus等でも使われている航空機設計のトラディショナルな方法(Free Body Diagram)で各部材荷重を表現し、強度上厳しい場所を明確化しました。

それが下の図です。
Chair_mod1

上の図で面圧の位置を修正しました。(10/6)

余談ですが、自動車のメーカーがカタログにコンピュータを使ったFEM(有限要素法)解析結果とか言ってカラフルな応力分布図を載せていますが、間違っているものもよく見かけます。前述のFree Bodyがしっかり理解できて正しくコンピュータに入力しなければならないのですが、これがなかなかできない。構造屋として飯を食っている人でもFree Bodyを自在に描ける人はそれほどたくさんいないほど難しいことですので。

荷重が明確になれば強度評価は可能ですが、木材の許容値(どれくらいまでの荷重に耐えられるか)についてはなかなかデータが見つかりません。

でもそれなりの方法で検討してみたので、結果を次回披露しますね。

ようやく星の観察用椅子が完成しました。
chair0928
この椅子には重箱ドブと異なる桁違いの荷重が作用します。(どーんと座る衝撃荷重倍数3を考慮する必要があるので)
単に体重を支えるだけでしたら荷重倍数を考慮してもたいしたことが無いのですが、この椅子の座面の高さを自由に変えられるというコンセプトは、構造的にかなり無理をしている為、強度の成立を目指すのが大変なのです。

ざっと計算したところ、座面の取付ボルトには300kgfの力が働き、座面の前脚とのコンタクト部には500kgfオーバーの荷重が作用するということが判りました。

ともあれ、色々強度改善したので今のところ大丈夫そうな気がしています(もちろん強度計算していますけど)。

DSC_2323

この椅子は簡単に折りたためますし、たたむとクッション部とその他の2部品のみになるので、公園に運ぶのも容易です。


今日は晴れていたのでいつものように公園に行き、まずはバスケのシュート練習。
3週間以上も続けている為、シュートタッチも戻ってきました。

その後は公園の北端の暗がりに行って木星と土星の観察です。
DSC_2311
木星はかなり低空だったのであまり細かい把握はできませんでしたが、SEB/NEBやSTBの複雑な感じはよくわかりました。アイピースはライカズーム&アッべバーローの約200倍。

土星はそのアイピースで神秘的な姿を堪能。
今日は公園のベンチに座って観ましたが、もうすぐ自作の椅子が完成するので、より良い姿勢で観察に集中できそうです。

そして仕上げは再びシュート練習。
充実した夜遊びでした。

写真はニコン1によるもの。暗がりで手持ちだったのでこれが限界です。

久々の天体鑑賞スクールです。
以下はフィクションですが、実在するものもありますので、気楽にお楽しみください。

コーチ:(小さな声で)今日はAちゃん、B君と都会のアウトリーチ会場にお忍びで来ています。

少女A:こんばんは、コーチ。ところでアウトリーチって何?

コーチ:アウトリーチは日本語では天文普及活動と訳されることが多いのですが、本来の英語の意味はthe activity or process of bringing information or services to people(by Mrriam-Webster)

少女A:それって人々に情報やサービスを提供するってことなんだ~。じゃあ、別に初心者相手でなくてもいいんだよね?

コーチ:だからこのイベントは中級者向けなのです。因みにアウトリーチは国際天文連合の2020-2030戦略計画に含まれていて日本の国立天文台が中心となって進めるようになっているんだ。なんだかかっこいいよね。我々の活動は世界が注目している、、。

少年B:だったら国際ライブ映像が配信されるのかな?

コーチ:日本はプライバシーに関してうるさいからそんなことはやらないでしょう。会社の異性の部下と一緒のところがばれたらまずいですし、、。

少女A:なんだか難しいね!コーチもさっきから綺麗な女の人とずっと手をつないでいるし、やばいんだろうな~。ところでコーチ、あそこの解説の人が見せているのはスバルかな?中級者向けにしてはメジャー過ぎない??

コーチ:聞き耳を立ててみよう

一般人A:すごい!オレンジ色の星が含まれる2重星がある!スバルって若くてエネルギッシュな星ばかりと思っていた。

解説者A:スバルの中心にあってなかなかいいでしょ。写真で見ると星の色がわかりにくくなるので望遠鏡を使って観てくださいね。

一般人B:その星ってオリオンが追いかける若い7人女性をそっと見つめる老人星みたいだよね。

解説者A:オリオンに見つめられて赤くなっているだけかも知れませんね。

少年B:コーチ、あの人が海王星って言いながら見せているけど方向が違くない??

コーチ:しっ~。海王星は低倍率だと恒星と区別できないから良いのです。そもそも都会で海王星を導入するのは大変だし。

少女A:インチキだ~。

CMA&SkyTree


一般人S:Hello

一般人T:Thank you for coming. I appreciate it.

一般人S:Wow ! It’s so crowded!

少女A:(ひそひそ声で)あの人たち誰?

コーチ:さくらさ!流暢な英語を話すかっこいい外国人が会場にいると華やかな感じがするでしょ。

少女A:これも演出かあ~。

少年B:わあ、これは一部の人たちの中で有名なナイトビジョンだ!すげえ、はじめて見た。でも誰も並んでないよね?

コーチ:皆さんにゆっくり覗いてもらうために一人5分間の完全予約制なのです。

少女A:5分間も何を観てるの?

コーチ:ほとんど肉眼に近い倍率で人工衛星とか流星を観てるようです。ナイトビジョンを使うと都会でも結構暗い流星や人工衛星が見えて楽しいですよ。

情念A:←おいおい、少年じゃなくて情念になっているよ!

筆者:ごめんなさい

少年A:動きのある天体をじっくり観るなんていうのが中級らしくて良いねえ。あっちでも小惑星を見せてから1時間後の移動をまた見においでって言ってた。

解説者B:(レーザーポインタで示しながら)はい、これがISS国際宇宙ステーションです。次は90分後にまたやって来ますので、みんなで鑑賞しましょう。

一般人C:ISSってはえーな!90分で世界一周だとさ。

一般人D:これで出張行けたら良いな。ニューヨーク日帰りができる!!

解説者B:そうですね。次のISS観察まであちらでスタバのコーヒーでも如何ですか。ポットサービスを頼みましたので、、。有料ですけど。それからおなかがすいた人はUber Eatsも頼めますよ。

少年B:すげえ、都会ならではだね。

少女A:向こうで盛り上がっている人たちがいるけど、、

コーチ:あれは先日のラグビーワールドカップの録画放送をスクリーンで映しているんだ。都会はもともと明るいから、少し照度を下げたプロジェクタを放映してもあまり問題ないですよね。それと実況が英語というのがお洒落っぽいよね。

少年B:こっちはリクライニングチェアで休んでいる人がたくさんいる

コーチ:都会人は疲れているし、観望会って立ちっ放しで大変だからね。

少年B:こーち、ボクも疲れてきちゃった~。今日の薀蓄は?

コーチ:そうか。じゃあ、やろうか! さっきスバルを見ていた人たちがいたけど、、

少女A:まさかこれを見た谷村新司が昴というを作ったとか言わないよねえ??

コーチ:・・・ 

コーチ:じゃあNGC1514 クリスタルボー・・・

少女A:大都会?

コーチ:・・・

少年B:コーチは古過ぎるんだよ!

少女A:じゃあ私が出すね。北極星の近くにあるIC3568を観た米津玄師が作ったのは何でしょう?

コーチ:IC3568って別名Lemon Slice Nebulaだな?でもよねづって?

少年B:わかった、Lemonだね?!


少女A:正解!!

コーチ:じゃあ、B君、いつものせりふを!


少年B:ほんとかよ、俺の生まれる前の話だし、、。

少女A:Lemonは昨年配信の曲よ!!

おしまい

先日座面が壊れた椅子ですが、左右の荷重分担を均等にするとか曲げ剛性を大幅に上げるといった対策は施しましたが、結合ピン周りの面圧強度アップをあまりしなかった為、またまたき裂が発生しました。

下が椅子にクッションも載せたところ。
座り易くなっています。
DSC_2291
普通に座るだけなら壊れませんが、勢いを付けると駄目でした。
DSC_2293

き裂は左右の取付部のいずれにも入っており、材料強度のばらつきは無く、工作精度も良かったようです。
金属で補強すれば簡単ですが、もう少し考えてみる予定です。

壊れた椅子の座面組立の改修方法をまとめてみました。

まずは荷重を均等に負荷するために左右通しボルトの適用。
それから穴周りの面圧強度向上を目論み穴径の拡大と板厚増加させます。
強度は穴径と板厚に比例します。

この構造の曲げ強度向上のために座面の高さも上げます。
曲げ強度は高さの3乗に比例するので高さ2倍で8倍の強度アップ。

chair_mod

椅子は人が勢いよく座る場合があります。そうすると椅子の動的応答の検討が必要になりますが、それはちょっと面倒なので、航空機の設計等に用いられる加速度を安全側の計算として用いることとします。その係数は3g。座る人の体重の3倍です。
私の体重の場合は3倍にすると約200kgになります。大きめの関取クラス。結構重いですね。

週末に工作を始める予定です。

↑このページのトップヘ