カテゴリ: 天文

最近、太陽の活動が活発なので、SpaceWeather.comを見ていたら、来月に2012 TC4という大きさ16mの小惑星が月までの距離の1/10まで接近するという記事がありました。 Recent & Upcoming Earth-asteroid encounters: ...

近所(徒歩15分)でホタル祭りが開催されていましたので出かけてきました。 現地には菖蒲や紫陽花があったのでそれを採り入れて写しましたが、ホタルの数が少ないのでいま一つですね。 赤い光は小さな女の子のサンダルです。着地すると光るやつ、、。 見物客が多く ...

今日は火星と天王星が結構近づいていたので双眼鏡で眺めました。帰宅が遅くなり低空の光害と薄雲の影響であまり明るくなかったけど、オレンジと青のコントラストが綺麗でした。 近くにNGC524銀河もあったので空の良いところで観たかった。 その後双眼鏡を南の空に向ける ...

45cmの追尾装置の調子がいまひとつなので、10cmF6.4ED with GPE赤道儀で月の動画撮影を行いました。 パラメータを色々変えてどこまで映るのか試したかった、、。 会社から帰るのが遅くなった為、劣悪なシーイング下で。 5cm並みの低解像度ですね。月のふちのギザギザ度 ...

そらさんからの情報を元に比較明合成前の写真を見ていたら、ありました、ありました、、、こうのとり(HTV)!! 比較明合成すると、消えちゃうのです。 こうのとりが観られると知ったのは現れる15分前。 すぐにカメラ(D3s)に24mmを付けてバルコニーに出てから空の状 ...

今晩は18時過ぎにこうのとりがISS登場の数分前に現れるということを教えてもらったので、久々にISS観察をしました。 こうのとりは残念ながら確認できませんでしたが、、。   上の写真は自宅で撮った写真を比較明合成したもの。 一回あたりの露出は13秒でインターバル ...

今晩も素晴らしい快星となりました。 ドブを出そうと思ったけど、かったるかったので肉眼での観察に留まりましたけど、、。 それから写真も少しだけ、、。 ニコンD3s 24mmF1.4を3.5まで絞り25秒露出。ISOは2000。 一応追尾しています。 この画面の下には3つの超明る ...

明けてから本日までで星が見えなかった夜は6日で、見えた日は18日と晴天率がかなり高いです。 今晩も素晴らしい天気でしたが、寒かったのでカメラを適当にバルコニーに置いて撮影。 露出5秒の固定撮影を140コマ。 比較明合成すると結構見栄えのする絵になりますね。 北 ...

ドブでの観察を開始すると再び薄雲攻撃が、、。 仕方なく写真撮影を継続しました。 M35付近。円弧状の特徴的なスターチェーンが見えています。 NGC2158も写っていますね。 次もウケ狙いの写真 こうやって遊んでいると雲が切れてきたのでドブによる観察開始。 ...

昨日は月と金星、火星と海王星の会合を楽しんでから御節を食べ、その後星の撮影や観察をして楽しみました。 下の写真は22時頃の冬の天の川の写真。 下部中央左よりの輝星がいっかくじゅう座の4等星のδ星。この星がそらし目で頑張ってギリギリ見えるという自宅にしては ...

明けましておめでとうございます 今年の年賀状をここに載せます 候補として↓も作ってみました。 私はStar Trailの方が好きだったけど、鳥が写っていて清々しい一枚目の方が良いという家族の意見で却下、、。 昼間の景色だったら世間にいくらでも転がっているんだ ...

昨日は陽が落ちる前に望遠鏡をバルコニーに出し、ついでに金星の観察。 風が結構あったのですが、460倍で暗部の様子などを把握することができました。 写真はニコン1によるコリメート撮影。8280mmF4.0 トリミングもしています。 日没後は前回の報告のように45P彗星の ...

スバルの近くの超地味な天体を200mmで狙っていたら丁度飛行機がやって来ました。 天体写真屋にとっては星の写真をぶった切る嫌われ者ですが、たまにはこういうのも良いですね。色が綺麗だし、、。 昼間に見たBoeing747型機も幻想的で良かったです。写真にはできてい ...

一昨日の夕方の西空です。火星、金星、水星がほぼ等間隔で一直線に並んでいて夕焼けとともにとても綺麗でした。 写真では水星がわかり難かったので、少しトリミングして金星と水星のみにしました。ニコンD3s with 24mmF1.4を使用。 この時期の夕焼けは特にイイですね。 ...

おとなの秘密基地の撮影を通じ、自分がこだわっているものは何なのか?ということについて、色々考えさせられました。 当番組は主人公の並外れたこだわりをテーマにしているので、何か私らしさというものが必要なのです。 それは簡単そうだけどなかなか自分の言葉で表現 ...

↑このページのトップヘ