カテゴリ: 航空機

父の四十九日法要の為に福岡に帰っていました。そこで一昨日に観た十三夜の月は大変美しかったです。コンデジP1000で写真も撮りました。ついでに福岡空港の展望デッキで撮った航空機の写真も記念として載せておきます。PM2.5の影響でモヤが酷く、あんまり鮮明ではありません ...

今日は風向きの影響か、自宅の東側の窓から羽田発着の航空機がよく見えました。一機が窓を横切り終わるとすぐに次の飛行機が、、。興味深かったのはANA/JALのオリンピック特別塗装機。連続して着陸していきました。台風一過で天気が良かったし、休日だったので、羽田空港の展 ...

鳥人間コンテストに甥が参加していたので超久しぶりにテレビ放映を観ました。  人力部門の優勝チームであるBIRDMAN HOUSE伊賀の飛行中に映し出されたコックピット構造を見て超ビックリ!!材料は不明ですが、NC(数値制御)による一体化削り出しで作られていました。外表面は3 ...

Boeingと仲良しのEmbraerの航空機を紹介します。 まずは今回唯一のBoeingの飛行展示、787-9です。 この機体は787-8の胴体を単純に延長したわけではなく、抜本的な設計見直しが行われており、-8よりもかなり進化しています。設計した私が言うのだから間違いありません ...

今回のパリ航空ショーの飛行展示はかなり地味でした。 その中で存在感を示したのがこれ、Airbus A350-1000 何だか空撮したみたいな感じですよね。 A350-900でしたらデルタ航空が現在成田~シアトル線に使用しているので乗ったことがあります。 静かでいい機体ですね ...

次もDassaultの機体、Falcon 8Xです。 戦闘機に比べるとゆっくりなので撮り易い。ファインダがややショボい(D3sに比べると)ので動く被写体を追うのはいま一つですが、、。 雲と青空がいい感じですよね。 結構派手な動きもしてくれるので、お腹も良く見えます ...

前回に引き続き、Dassault AviationのRafaleを紹介します。 私は軍用機はF-16とF-15以外わからないので、前回のブログで名前を間違えてしまいました。すみません。 今回は鮮明に撮れたものは無いけど記念写真として残しておきます。 ↑青空のもとでの飛行。気持ちが良い ...

仕事でパリ航空ショーに初参加!! 会議の合間にコンパクトデジカメP-1000で捉えた写真をこれから数回に分けて掲載しますね。 まずはDassault AviationのRafaleから。 動きがすごく早くて捉えるのが難しかったのですが、脚を出して速度が低くなった瞬間にそれなりの画 ...

この博物館の凄いところは大型の旅客機がこれでもかってくらい展示してあることです。今回は787とコンコルドをレポートします。 写真はBoeing787型機の3号機(飛行試験機)です。 狭いところに多くの機体が置いてある為、全景の写真は難しいです。 この機体の胴体は複 ...

シアトルのMuseum of Flightにはアポロ1のInner Hatchが飾ってありました。 アポロ1のドアは3枚構成ですが、最も内側が内開きになっています。 航空機も同様ですが、宇宙船は内部の圧力が外よりも高くなっています。ですから圧力が外に逃げ出さないようにする工夫が大 ...

シアトルのMuseum of Flight見学レポートの復活です。 今回はViking Lander Flight Capsuleの脚の部分 お手本のようなトラス構造ですね。荷重の入る方向を明確にして、簡単な手計算でベストな寸法を出せるようにしてます。(重量最適化)。 当時はNASA開発のNASTRAN( ...

世界最大級のSaturn Vロケットのエンジンモデル。 実物大で大きいです。 このロケットの重さが象400頭分と示しているのは笑いました。判り易いのか判り難いのか?? 私としては上方のごちゃごちゃしたところが気になる、、。 そこでフルサイズ70mm相当で撮影。 ...

十数年ぶりにシアトルの南にあるMuseum of Flightに行ってきました。 これから数回に渡ってレポートしますね。   ここの展示の特徴はずばり吊るしてある航空機が多いことです。これにより多くの機体を一度に観ることができます。 下の写真は1903年にライト兄弟が作 ...

成田からANAのB787型機での旅。 久々に窓際の席が取れましたので夕暮れの月と火星を見ながら食事が終わって機内が暗くなるのを待っていました。 本格的に暗くなり外を見ましたが、月も星も見えない?? 以前は天の川とかもよく見えていたのですが今回は全く。もちろん雲 ...

↑このページのトップヘ