タグ:天文学

☆惑星状星雲
月が大きかったにもかかわらず星雲・星団を観察するというきっかけになった天体はNGC7662 Blue Snow Ballです。
明るい月を観た直後で桿体細胞が充分に働いていたこともあって、これまで経験したことが無いほど濃い青色でした。

じゃあ次は土星状星雲だ!ってことでNGC7009を導入するも月が近かったので色は淡かったです。

その後はBlue Flush Nabulaという派手な名前のイルカ座の惑星状星雲NGC6905。
これもあまり明るくないため、色はいま一つ。でもしっかりとした見え方でした。

M57、M27は派手で楽しい。北の空のM40 Bow Tie Nebulaもよく見えていました。 

続いてデネブの近くにあるNGC7026 Cheese Burger! 10.8等くらいですけど小さいので明確に形が判ります。
下は8年前の双望会の時に取ったスケッチですが、こんな感じに見えました。
イメージ 1

これだけよく見えるのだからこと座のマイナーなMinkowski 1-64に挑戦。これもあっさり見えました。別に面白い形でもないのですが、こと座のひし形内部にあるのでウケ狙いには使えますよね。

NGC7008 Fetus Nebulaはいま一つ。暗い所で観ると凄いんですけどね。

最後はケフェウス座のガーネットスターの深紅を味わって4時間に及ぶ天体の観察を終了しました。

そうそう、イルカ座のγ星(2重星)を捉えた時に近くにもう一組の2重星があって良かったです。

当夜観た天体はメシエが2, 15, 27, 31, 32, 45, 52, 56, 57, 71, 103
NGCは40, 404, 457, 654, 659, 663, 6905, 6939, 7006, 7008, 7009, 7026, 7510, 7789, 7814 
その他Min1-64, Tr1, Mk50, K19, Ha20, εLyr, βCyg, μCep, γDel, Neptune, Saturn, Moon, Jupiter   

合計39天体です。月夜なのにかなり楽しめました。

utoの家は田舎だからよく見えたのだろうと思った貴方。当夜より若干悪い程度の空だったら東京都港区でも見られるのですよ。盆や正月、台風一過といった特別の日でもなく、夕刻でも3等星を肉眼で確認できているのです。しかも複数回。
場所は東京タワーの近くの芝公園。
街灯が近くにないというのがポイントです。

☆銀河の観察
アンドロメダ銀河が明るく見えたので、普通の人が月の大きい時期にはまず見ることは無い銀河に挑戦しました。
最初はNGC404。Mirach's Ghostと呼ばれ、アンドロメダβ(Mirach)の傍らにあって判り易いです。
この日もオレンジ色のMirachとともにくっきり。表面輝度の高い銀河はイイですね。

次はペガスス座で最も明るい銀河であるNGC7814。
10.5等級ですがそらし眼で長く伸びた様子も把握できました。

調子に乗ってうお座のM74やケフェウス座のNGC6946にもトライしましたが流石に判らず、、。
イメージ 1

☆散開星団の観察
続いてカシオペア、ケフェウスの散開星団を眺めました。
最初は光害にも強いNGC457 ET星団。
それからδ CASを起点にしてM103, Tr1, NGC659, NGC663, NGC654へ。
M103は先日豪州で観たNGC4755と比較される宝石箱ですが、私はこちらも同じくらい美しいと思います。
Tr1は星数が少ないのですけど等光のものが多く、周りに明るい星が無い為目立って面白いです。
そしてイオタ星を見てこの一連の流れを終了。
イオタはNSOGでOne of the lovelist triple stars in the skyと言われているもので明るい白色星に黄色と青の星が寄り添っています。おすすめですよ。

次は望遠鏡をもう少し西に振ってNGC7789の観察。
暗いけど上品な星団ですよね。

望遠鏡をM52に向け、その付近の星団もGet。クリスも大好きNGC7510、Mk50、King19などこじんまりしていますが散開星団らしい散開星団を堪能しました。

こと座のM56、や座のM71やその隣のHarvard20もなかなかでした。 

惑星状星雲も結構観たので、そのレポートを次回しますね。

昨夜は21時くらいから雲が切れてきたので慌てて45cmドブをバルコニに出して、4時間ほど星の観察をしました。
観察記録を備忘録として載せます。

☆木星
望遠鏡を保管しているところがサンルーム状態になっていて、鏡が超高温だった為、木星像はあまり落ち着いていませんでしたが、じっくり観ているとSSTBの白斑、濃くて目立っているStrB、EQからNEBにかけて茶色が強く、しかも2つのフェストーンが印象的でした。
SEBやNNTBのあたりの複雑な模様をもっと把握したかったのですが、高度が落ちてしまって駄目でした。

☆月
欠け際には大きく目立つクレーターがありますが、昨夜はRima Grimaldi付近のごちゃごちゃした地形が面白かったです。こういうのって少しの時間の経過で大きく見え方が変わるので楽しいです。
イメージ 1
Rimaって谷のことですけど、どこに谷があるのかわかりませんでした。
今晩晴れたら探してみたい。


☆土星
夏場の土星はキリッとしていていいですね。
本体の複雑な模様が面白い。
光害のある自宅では衛星は4つしか確認できませんでした、土星近傍の3つはとても可愛らしかった。
下の写真はコンデジP1000で手持ち撮影したもの。フルサイズ3000mm相当。ISOは400で露出1/60秒。三脚無しでこのクオリティ、手振れ補正も優秀ですね。
イメージ 2

☆メジャーな星雲・星団
昨夜は月が大きかったのですが、透明度が比較的良くて星雲・星団も楽しめました。
M2球状星団は郊外で眺めた時のような迫力はありませんが、ややそらし眼で見ると粒々が見えて面白い。
M15は星が集中している中心部から周囲に向かって多くの星が見えて楽しくM2より印象的。
M57やM27の派手さは光害のある自宅でもよくわかりました。もちろんM31、M32、M110もとても明るい。
調子に乗ってG1を探すもそれは流石に撃沈。

続いてややマイナーなDSOの観察をしましたが、それについては次回。

以前に一部の方に好評だった昆虫の構造力学第2弾をお送りします。
前回はアゲハチョウのサナギでしたが今回はトンボです。

この写真は福島で撮影したのですが、最初にこの姿を見た時、何て美しいんだろうと思いました。
絶妙なバランス。構造屋が最も安心する構図です。
イメージ 1

トンボの重量中心は羽の付け根近傍にあります。そこに重心がなければ飛行中に回転してしまいますからね。
重量は下向きに作用しますが、つかまっている棒は重心から水平距離L1だけ離れたところにありますからトンボは下に向かって落ちようとするだけでなく、回転Mweighというも作用します。

落ちちゃうと困りますからトンボは棒につかまるのですが、そのつかまり方が合理的!
6本の脚を棒の2か所に分けてつかまっています。その2か所の距離が離れているほど足にかかるLeg Forceが小さくなりますからL2を大きくとっています。
また、足が押されるより引っ張られる方が厳しい(胴体から足が外れる恐れがある)ので、引っ張られる上方側は4本の脚でつかまっていますね。

それから足が伸び切っちゃうと力が出ないし、痛める危険もあるので関節を曲げて余裕を持っています。

羽は前方に向かっていますが、これは前方からの風を受けた場合に重量とは逆向きのMwindというモーメントを発生させて脚の負担を減らそうという魂胆ですね。
後方からの風は受け流すようにしており、側方からの風は対処が難しいので自らが回転して前方からの風にしてしまうか飛んで行っちゃうんじゃないかな?

望遠鏡屋さんも機材の重心をよく考慮して構造的に美しいものを作って欲しいです。

今日は星が雲に覆われる時間が長かったのですが、45cmで月と木星、土星を少しだけ眺めることができました。
イメージ 1

気流はまずまずで私が大好きなHesiodus Aの2重構造もくっきり。ただ、常に厚めの雲がかかるので透明度が悪く、細かい地形を把握することができませんでした。

木星は大赤斑が良く見える位置にいて大赤斑の西と東とでSEBの構造が全く異なるところやSSTBの白斑や複雑なベルトを楽しむことができました。

土星は周りの小さな衛星を観察するのが楽しみなのですが、雲のせいで3つくらいしか見えません。でも本体の模様が面白かったです。

やっぱり夏場の気流の良い時に45cmを使うと楽しいですね。

昨年から見たいと思っていた日本人の名前が付いているクレーターHirayamaをようやく観ることができました。

イメージ 1

このクレーターの場所はMare Crisiumの奥のMare Smythiiのところにあり、月の裏側に3.5度ほど入っています。
ですから通常観ることができず、秤動によってこちら側に向いた時に限って捉えることが可能です。
イメージ 2

今日は東京から岐阜に戻り、まだ明るいうちから45cmをバルコニに出し、薄明中に確認することができました。

月の欠け際のLongomontanusやCopernicusも見事でしたが、あまり見かけないSmythiiの奥も新鮮でよかったです。

昨夜、今夜と天気が良かったので近くの公園で重箱ドブを使って月と惑星を眺めました。
イメージ 1

月、木星、土星の何れも高度が低く、すぐに軽量のドブがひっくり返るので、脚にはスパイクを付けて地面に固定するとともに小型のアイスボックスを載せてバランスを取りながら観察しました。

その時コリメートで撮った月の写真がこれ
イメージ 2
両極がピンボケ!!
光軸がずれているのです。

ずれはそれほど大きくありませんがすっごく気持ちが悪い。
光軸修正ツールを忘れたので、低倍率での軽い観察にとどめました。

星の観察の後はバスケットボールで汗を流し、心地よい風を受けながら肉眼で最微光星探しをしました。
私が住む江東区は下町なので、高いビルが少なく空が広い。
ですから星の観察に最適です。
本日は透明度も良く、3等級後半が肉眼で確認できました。
お盆だったら天の川の撮影もできるかも??

昨夜撮影した木星の多くは露出オーバーでした。
撮影画像が小さいので現地での確認って難しいのです。
という訳で昨夜紹介したのとは別のデータを使って処理しなおしたのがこれ。
イメージ 1
口径67mm、センサーサイズが1/2.3にしてはよく写っていると思います。

このカメラを購入してから木星の撮影は3度目ですが、大赤斑のみならずベルトもたくさん写り、かなり満足できるレベルの作品となりました。

このカメラ、ほんとに凄いです。


ところでラグビー日本代表はトンガに圧勝しましたね。
ディフェンスが素晴らしいことに加えて田村のキックからの松島のトライや松田のお左タッチライン沿いを走ってのトライ等、最高のプレイの連続でした。
でもワールドカップ直前というのにマスコミは殆ど取り上げてくれない、、。
もっと盛り上げて欲しいな!!

今日は久々に近くの公園に行ってコンデジP1000で月と惑星の観察をしました。

どれも低空でしたが気流の状態が良かったので、ファインダでもよく見える!!
イメージ 1
写真はフルサイズ2000mm相当で動画を撮り、スタックしました。
コンデジなのによく写っていますよね。まあ、口径が67mmもありますからね、

木星を3000mm相当で捉えるとSEB, NEB,大赤斑に加えてNTB、NNTBも判りました。4倍デジタルズーム併用です。口径67mmでこんなに見えるなんて凄い!!
撮影にもチャレンジしましたが強風の為あんまり写りませんでした。
イメージ 2
まあ、かろうじて大赤斑はわかりますよね。

土星の方が写真写りはいいですね。
イメージ 3
カッシーニの空隙や本体の縞も見えます。

今日は三脚とポタ赤及び微動雲台も使ったので撮影が楽でした。

写真はシアトル郊外のRonさん宅の庭です。
めちゃめちゃ広いですよね。
イメージ 1
中央の望遠鏡は60cmです。

米国では安全性確保の為、私有地でスターパーティを行うことが多いです。
柵などが無い公共の場所の場合は許可を取ることはもちろんですが、警察にも連絡し、定期的な巡回をお願いしています。

日本で他人の望遠鏡を覗かせてもらう時は気を遣って1分程度の短時間で交替してしまいますが、米国では後の人のことを気にせず長い時は15分以上も覗いちゃいます
(長い列があっても)。天体の把握には時間を要することを誰もが知っているからです。

また、どんなスターパーティもホストが明確で、その人が常に気を遣っており、その人の振る舞いがそのパーティの雰囲気に大きな影響を及ぼします。

このRomさん宅ではは夜食のクッキーやコーヒーが望遠鏡から離れた暗闇にさりげなく置かれ、星の観察に集中できる環境を作っておられました。

米国のスターパーティの多くはObserving Challenge Programというものがあります。
これはクラス毎(初級・中級・上級)に25個程度の天体がリスト化されており、それを観察するというもの。
イメージ 3

観察した証拠としてスケッチや詳細な説明文とともに観察時刻や使用機材、コンディション等を記しておき、それを翌日主催者に見せてOKが出ればピンバッジが無料又は5ドル程度でもらえるます。

テキサス・スターパーティの上級者用のリストの一部がこれ↓
イメージ 1

何だかよくわからない天体が多いですよね。
M57が唯一メジャーですけどOuter Halo(外周のハロー)ですから確認するのが大変です。
これらを観るのに70cm以上のでっかい望遠鏡が必要ですよね。
因みにテキサス・スターパティの写真は
イメージ 2
巨大なドブだらけです、、。

この企画はマンネリ化しがちなスターパティに刺激を与えてくれます。毎年リストが変更されますので。
また、参加者相互のコミュニケーション向上にも役立っています。夜はみんなで一緒にリストの天体観察。
昼もリストの天体に関する話ができますし、観察記録を主催者に見せる時にも結構深い話ができます。主催者は天体観察の大ベテランですから的確なアドバイスをしてくれますし、、。

オレゴンでは写真チャレンジというのもありますので、写真屋さんでも参加できますよ。
この企画、日本でも流行らないかな?

そろそろ夏の星祭りが始まりますね。

私は米国で5つのスターパーティに参加した経験があり、そのうちOregonTable Mountainについては雑誌「星ナビ」にレポートを載せたことがあります。
その他についても私のホームページやブログで紹介していますが、ご存じない方もいらっしゃいますので、特徴的なものをここで紹介しますね。
 
米国のスターパーティの多くは、
①会場が広くてでっかい望遠鏡、車が多い
写真をご覧になればわかりますよね。写っている望遠鏡は口径1mです。
イメージ 1
車もキャンピングカーが多くて、そこからでっかい犬が下りてきたりします。
私の仕事仲間であるChris Fuldの口径1mの望遠鏡がこれ↓
イメージ 2
脚立から接眼部を覗いているのは私です。

②事前登録制
セキュリティの確保が最大の理由でしょうね。素性が明確な人の参加しか認めないというもの。テロとか事件とか起こされたら大変ですからね。
 
③ボランティアが多い
700人くらい参加のOregon Star Party100人くらいのボランティアがいました。
病人の介護、行事の進行に加えて初心者の指導、子供たちの遊び相手などやることがいっぱい。特に現役を引退したシニアの人が活動を牽引していました。
私にもスターパーティ終了直後にボランティア募集の案内が来ました。パーティの時に様々な人のお世話になったので、恩返しのつもりで引き受ける人も多くいましたよ。
下の写真で派手なTシャツを着た人がボランティア。困ったことがあれば彼らに相談すればばっちりです。
イメージ 3
 
③有料
ボランティアが多い為人件費はほぼゼロですが、重機を使った道路、会場の整備や仮設トイレの設置等結構お金がかかります。
また、あまり安くない参加費を設定することで、冷やかしや軽い気持ちで参加する人を排除しているようです。
 
④静か
会場が広いということとQuiet Hoursというのが設定されていることから静かです。マナーもいいです。
Quiet Hoursは概ね夜22時~朝10時で、騒ぐ人など皆無です。
 
⑤バーベキューの禁止
意外かもしれませんが、基本的にバーベキューは禁止です。理由は山火事防止。プロパンガスの使用は認められていることがありますが。

⑥子供やご夫人のケア
望遠鏡作り、ハイキング、探検、安全なスポーツ、お茶会など、ボランティアが星に興味ない人たちの相手をしてくれます。
イメージ 4
興味深いのがTexas Star PartyのTSP Ladies!
お洒落して午後の紅茶を飲みましょう!!というもの。
ドレスコードがあり、帽子をかぶってくる人も多いらしいです。この企画、いいなあ!
イメージ 5

明日に続きます。

今回の遠征の目玉はこれ↓
ニックさんのナイトビジョンです。
イメージ 1

Cloudy Nightによるとナイトビジョンは、光害のある都市部であまり大きな口径でない望遠鏡での天体観察に有効とのことでした。
空の暗いところでこれを使うとどうなるんだろうと思っていたら生憎の曇り空。部分的に星が見えていましたが、、。

かろうじて白鳥座のデネブのみが肉眼で見えていたのでナイトビジョンを覗かせて頂くと超ビックリ!!

たくさんの星とともに北アメリカ星雲が見えているのです。これぞ北アメリカって感じで全景がはっきりわかり、ペリカン星雲も、、。
このナイトビジョンは薄雲なんて全く問題にしていませんね。

網状星雲も普通の双眼鏡で観るより遥かにコントラスト高く見えていました。
像も悪くないしノイズもそれほどでもなく、星のちらつきが臨場感に貢献していて見とれてしまいました。

それから最も衝撃的だったのが50cmドブソニアンのコリメート法で見せてもらったM51。
アイピースを覗いた瞬間は厚い雲の為に視野内は真っ白だったのですが、雲が移動すると幾つかの星とともにM51が登場!!
「す、すごい!!」
予想外の見え味に思わず声が漏れました。

下のスケッチがその時の印象です。
イメージ 2
通常、M51の渦巻きを望遠鏡で観るにはある程度の倍率が必要ですが、ナイトビジョンでは低倍率でOK。
ですから自分が経験したことが無いほど小さく愛らしいM51をそらし眼無しで観察することができました。

そうそう、等倍(1倍)で星空を見ていた時、人工衛星や流星を結構目撃しました。光害の多い東京でも結構見えるそうです。
ですからナイトビジョンはペルセウス座流星群等を都会で観るのにもいいですね。

ニックさんのナイトビジョン、貴方も覗く機会があるかも知れませんよ!!

福島遠征は東京から特急電車の後バスに乗り、田舎ののどかな風景を満喫しました。そしてキャリーバッグとその上に載せた風呂敷包みを転がしながら15分ほど歩き、到着した宿の前で目にしたのは、、。

ガッチリした架台に載せられた太陽望遠鏡。
現地に早く到着された方々が宿に入る前に太陽を観察されていたのでした。
イメージ 1

どれもダークフィラメントやたくさん存在している小さなプロミネンスが簡単にわかります。太陽の活動はかなり地味なのにこんな立派な機材だと見所満載!
やや小口径で全体像、大きめ口径で部分拡大を見せて頂き、ハイコントラストの良像を楽しむことができました。

写真は2日目のものですが、それぞれの望遠鏡・架台調達に関するお話が興味深かったです。皆さん、国内外から様々な情報/モノを集められていますね。
(なかでもTさんのデンマーク製のPantherという架台が高剛性でかつ持ち運び、組立も容易で素晴らしいと思いました)それからK_Nebukaさんやじろーさんのたゆまぬご努力も見逃せません

こういった継続的な追及を行うことで望遠鏡販売店から普通に購入するのと異った数ランク上の見え味が得られるのでしょうね。

豪州遠征前に宣言した通り、カルドウェル天体全109個のうちの70番以降(南緯38度以南)のほぼ全てのスケッチを現地で行うことができました。
スケッチは超雑なのですが、それにより今でも当日観た天体の様子が思い出されます。

下の表はカルドウェルリストの一部。グレーで塗られたところは既にスケッチ済みのものです。
イメージ 1

残りの天体は70個。全て観たことがあり、導入も難しくないのですが、NGC7635しゃぼん玉など眼視の難易度の高いものもありますので、それなりに準備して取り掛かる必要があります。

来週末には遠征予定ですので、夏~秋の南の天体を中心にスケッチしていきたいと思っています。もちろん重箱ドブで、、。

↑このページのトップヘ