タグ:星団

肉眼で1等星しか見えない空で星団を観察するというもの好きな企画の第4弾はM29です。この星団は派手さが無いためメシエの星団の中で指折りのショボさとおっしゃる方も多いと思います。でもニコン1コリメート撮影するとそれなりに見えますよね。星数は少ないのですが、11等級 ...

昨夜も公園に出かけ、北の空が見易いベンチに腰掛け5cmでも楽しめる天体探しに勤しみました。ベンチはバスケットボールコートの脇にあり、結構明るい上に肉眼でカシオペア座が判らないという最悪のコンディション。流行りの電視観望ならまだしも、こんな空で5cm望遠鏡で何を ...

昨夜は帰宅後すぐに5cmを持って公園に出かけて星空の宝探しを2時間ほどしました。南向きのベンチに腰掛けて望遠鏡を抱きかかえるスタイルで西~南東の空を狙いました。機材セットの様子はこれ↓スマホの傾斜計を望遠鏡に載せていますので、落とさないよう簡易的なガードを付 ...

今回は5cm反射を使って暖かい部屋の中から窓ガラス越しに実施した星の観察結果を紹介しますね。まずは深夜のM3球状星団。明け方の東の空にあるミザールとコールカロリを観察した後、導入しました。近くに肉眼で見える星が全く無かったのですが、うしかい座のε星と方位が全く ...

双望会が終了してはや2年、今年も一部の方のご尽力があって同窓会が催されることになりました。ほんとにありがたいことです。私は出不精で星まつり等にあまり出向かないのですが、この会だけはほぼ毎年参加しています。 この会で私は毎年ユニークなニックネームが付いた天体 ...

昨夜は0時を過ぎるとすっきり晴れたので、公園に出かけて満月と星雲星団を眺めました。まずは南中を過ぎた月。欠け際である北東がよく見える秤動でもあったので端っこのクレーターが結構面白かったです。シーイングはあんまり良くなかったのですが。普段はプラトーの北側など ...

全く凄い本が出版されました。 小雲夕著 DSO 観望ガイドブック「南天編」です。   南半球で見られる天体について日本語でここまで詳しく書かれた本は初ですね。付属のCD-RのデータをiPhone/iPadにインストールすればSkySafariというアプリの導入支援を利用して次々に天 ...

↑このページのトップヘ