タグ:2重星

都会でも楽しめる天体の一つが重星ですが、比較的容易に分離できる重星をしっかり観察、訓練することによって、口径の限界ぎりぎりの重星を捕獲する能力が磨かれていきます。例えば下の写真のこうま座ε星。これは主星AとBとの角距離が0.7秒と小さく、5cm程度では歯が立ちま ...

今日も世界一大きなデジカメP1000で星の観察をしました。その中で最も良かったのがラスアルゲティ(α Her)です。色が綺麗でジフラクションリングも見えていますね。このデジカメ、ほんとによく写ります。 ...

現在5cm反射は塗装中なので、部屋からコンデジP1000を用いて久々にこと座のε星ダブルダブルの撮影に挑戦。あっさり捕獲できました。一発撮りです。フルサイズ3000mm相当。ISO800でF8 露出1/40秒。常に薄雲が横切っていたので、一番左の星が薄くなってしまいました。5cm反射 ...

昨夜は好シーイングを期待して月の観察に臨みましたが、気流はいま一つ。強風でかつ透明度も低く、期待外れでした。この時撮った写真は次回に紹介します。これでは満足できないので、深夜にまだ写真撮ってなかったイルカ座γ星(2重星)の観察をしました。5cm反射にEthos8mm( ...

天リフの山口さんも2重星の観察を勧めておられましたが、私が今、小口径望遠鏡のユーザーに最も勧めたい天体が下の写真のおとめ座γ星(ポリマ)です。地球からの距離は38光年。いつもの5cm反射を使い、Hi-Or2.8mmにニコン1を覗かせたコリメート撮影しました。jepg撮って出し ...

ここ数日は小雲夕著「都会で星を楽しもう」を参考にしながら、主に2重星の観察をしています。明るいDSOは全て記憶していますが、小口径向きの2重星はあまり知らないので発見が相次いでいます。この本は星座毎にお薦め天体が示してあり、ヘルクレス座で15天体ほど。都会で楽 ...

本日は金星がM45に見かけ上近づく日。Leica 8x42双眼鏡や5cm反射の15倍で観ましたが、印象はいまひとつ。薄雲がかかって透明度が悪かったのと、期待が大き過ぎたのが原因です。でも気流が良かったので月面散歩が超楽しかったです。昨夜とは比較にならないほどよく写っていま ...

3月10日のブログでしし座γの見え方に関する説明をしましたが、今回はニコン1でコリメート写真を撮りましたのでその紹介です。まるで絵に描いたように美しいですね。伴星の離角が4.8秒と有名な他の重星(各種アルビレオやコールカロリ等)より主星に近く、ある程度の高倍率が ...

コロナ騒ぎ、、。今から2~3週間が重要とか言われながら特効薬が無い為、感染者数が拡大し続けています。とりあえず他人との接触を控えるしかないということで、しばらくは自宅に籠るしかありませんね。こんな時は私が先日から推奨している部屋の中から天体観察してみません ...

昨夜も公園で星の観察。以前より暖かくなって快適でした。花粉もそれほど飛んでないし。三脚はカーボンのトラベラーを使っていますので、コンパクトかつ軽量で運搬も苦になりません。光軸合わせも自作のツールのおかげで1分以内で完了。下の写真はミザールです。(小さくてす ...

昨夜は薄雲がかかり、厚い雲が空の殆どをカバーするコンディションでしたが、公園で美しい2重星を観ることはできました。予定していたかんむり座やヘルクレス座は駄目でしたが、、。写真もついでに撮ったので、3つのアルビレオ(本家であるはくちょう座β、Winter Albireoで ...

今日は風が強くてしかも寒かったので、部屋から窓も開けずにぬくぬくと星の観察をしました。最初に観たのはM44プレセぺ星団。まだ薄明の中でしたが、15倍で小さな星々を堪能。ついでにニコン1でコリメート撮影もしました。眼視では星像が大変小さいので問題ないと思っていま ...

都会で5cm望遠鏡を使って天体を楽しむ企画の第3弾はしし座γ星です。先週金曜の月と金星、天王星の観察の後にいくつかの星雲・星団・2重星を観ましたが、この天体が明るくて見ごたえがありました。下の図はその時に107倍で観察した時の様子を再現したものです。(スケッチの道 ...

この物語はフィクションですが、登場する天体は実存しますので、望遠鏡で確認してみてくださいね。コーチ:え~、今日はじゅうせいの観察をします。少年B:銃声って見えるの?少年C:見えるわけないだろ少年A:獣性って動物が持つ欲望のこと?少女A:コーチがひらがなでじゅ ...

都会で5cm望遠鏡を使って楽しむという企画の2回目はアンドロメダɤという2重星です。秋のアルビレオと呼ばれるほど色の対比が美しい。上の写真はコンパクトデジカメP1000で撮ったものです。春や冬にもアルビレオの愛称がつけられているものがありますが、それら2重星の離角 ...

↑このページのトップヘ